エンジニア向けディープラーニング資格「E資格」の第1回合格者は234名――日本ディープラーニング協会

資格・スクール

 日本ディープラーニング協会では「G(ジェネラル)検定」「E(エンジニア)資格」という2つのディープラーニングに関する資格試験を実施している。G検定はディープラーニングの基礎知識を問う一般向けの資格。今年6月に第1回が開催された。一方、E資格は、ディープラーニングの理論や手法の理解や実装力を問うエンジニア向け資格で、こちらも今回が第1回の開催。

 受験申込者数は342名で、受験者数は337名。そのうち、合格者は234名で、合格率は69.4%となった。受験申込者342名の年齢層は幅広く10代から60代にわたり、最も多いのは30代で、全体の38.9%を占めたという。

年代別の申込者数(出典:プレスリリース)

 業種では、ソフトウェア業と情報処理・提供サービス業が多く、全体の55.3%を占めた。役職別では、一般社員級が最多で、全体の46.2%を占めた。学生も5.0%いた。

業種別の申込者数(出典:プレスリリース)役職別の申込者数(出典:プレスリリース)関連リンク

記事の全文を見る⇒(IT人材ラボ)

……(中略)…… /news/detail/20181012001/" target="_blank">プレスリリース)関連リンク

記事の全文を見る⇒(IT人材ラボ)

「本気でプログラミング・スキルを習得させること」を追求した“Webスキルのパーソナルジム”【WebCamp】
プログラミング学習において、「継続」は大事な要素の一つです。継続さえしていれば必ず…
受かる人は、ひとりで勉強する?資格試験のオンライン学習サービス「資格スクエア」
予備試験や司法書士試験などの難関試験ではゼミや予備校を活用して勉強をする方の割合が…
小学校のプログラミングが必修になるって本当?ヒューマンキッズサイエンス「ロボット教室」
2020年から小学校でプログラミング教育が必修になります。文部科学省は、早期からコンピュータに触れることを通じて…
資格・スクール
ポートフォリオ自動生成サービス「LAPRAS」、「Doorkeeper」からの情報取得に対応

本記事は、CodeZineニュースからの転載です(元記事)。  「LAPRAS」は、「 …

資格・スクール
候と侯の違いとは?似た漢字を間違いなく覚える方法

<!– –> 候と侯・専と博の違いなど……間違いやすい漢字に要注 …

資格・スクール
2021年卒の新卒採用における企業の方針を調査、早期の内定出しが増える見込み―ディスコ

 現行の日程ルールは5年目を迎える今年、夏に東京オリンピックを控えての動きや、20卒採用の選考終了状 …