イースト、2020年代の英語教育に「辞書の有効活用」を考えるセミナー

学習・教育

イーストは11月23日、三省堂、大修館書店とともに、辞書活用シンポジウム「英語×ICT 2020年代の『辞書の有効活用』を考える」を同社セミナースペースで開催した。会場には学校教諭をはじめ教育関係者などが集まった。

第1部の基調講演では、大阪大谷大学 教育学部の小山敏子教授が英語教育と辞書活用の研究内容を紹介。1990年代に電子辞書が登場した当時には、紙の辞書との比較研究を行ったという。大学生などの学習者を対象に調査したところ、総検索語数や再確認語数など、紙の辞書よりも電子辞書のほうが明らかに調べる頻度が高い結果に。さらにインタビューでは、「たぶんこういう意味だろうと思いながらも電子辞書なら引いてしまう」といったコメントも得たという。手元にあるのが電子辞書であれば引いてみる気になり、結果、検索頻度が自然に増加するというとても興味深い結論に至った。

大阪大谷大学 教育学部 小山敏子教授

近年の調査研究ではどうか。ICT活用など学習環境は大きく様変わりしている。高校生や大学生のスマホ所有率はほぼ100%で、使い始めは高校1年生からが多いが年々早期化の傾向にある。「辞書アプリはあるものの、GoogleなどWebにある無料翻訳機能を利用している学生が8割を超えています。英語辞書の利用状況は、読む……(中略)…… /" target="_blank" rel="noopener noreferrer">辞書アプリDONGRI

記事の全文を見る⇒(ICT教育ニュース)

「本気でプログラミング・スキルを習得させること」を追求した“Webスキルのパーソナルジム”【WebCamp】
プログラミング学習において、「継続」は大事な要素の一つです。継続さえしていれば必ず…
受かる人は、ひとりで勉強する?資格試験のオンライン学習サービス「資格スクエア」
予備試験や司法書士試験などの難関試験ではゼミや予備校を活用して勉強をする方の割合が…
小学校のプログラミングが必修になるって本当?ヒューマンキッズサイエンス「ロボット教室」
2020年から小学校でプログラミング教育が必修になります。文部科学省は、早期からコンピュータに触れることを通じて…
学習・教育
プログラミングのアルスクール「オンライン校」開校

 アルスクールは2020年5月28日、新型コロナウイルスの影響によりクラスルームでのレッスンが難しく …

学習・教育
チエル、小学校向けクラウド型教材を2021年3月末まで無料提供開

チエルは29日、小学生の基礎・基本を学ぶことができるクラウド型教材『基礎・基本 習得パック』を、20 …

学習・教育
文科省「学校教育における外部人材の活用促進事業」公募開始

 文部科学省は2020年5月28日、学校教育における外部人材の活用促進事業の公募について発表した。対 …