アディッシュ、いじめ匿名連絡サイト「スクールサイン」が「Classi」と連携

学習・教育

アディッシュは1日、同社が運営するいじめ匿名連絡サイト「スクールサイン」が、Classiが開発・運営する教育プラットフォーム「Classi」と連携したと発表した。

「スクールサイン」は、スマホやタブレット、PCなどのICT端末から、いつでも匿名でいじめの目撃情報などを連絡できるWebサイト。クローズドなメッセージアプリやSNSなど、外から見えないところで起こっているネットいじめなどの連絡を匿名で受け付け、その情報を学校に届ける。2015年10月にリリースした「Kids’ Sign」をリニューアルし、2019年4月から「スクールサイン」として提供を開始している。

これまで「スクールサイン」を生徒が利用する際、生徒自身が最初に学校指定のURLからアクセスをし、ブラウザのお気に入り登録やスマホのホーム画面に追加等をする必要があったが、今回の「Classi」との連携により、生徒側で管理する課題を解消し、より多くの子どもたちがサービスを利用しやすくなるよう環境を整えた。

「Classi連携サービス」として利用ができることで、「Classi」にアクセスできるICT端末から、いつでも匿名でいじめの目撃情報等を連絡できる。使いたい時にアクセス先がわからずに利用できないといった心配がないという。

ネットいじめやネットトラブル発生の機会が増……(中略)…… "https://classi.jp/lp/partner/" target="_blank">Classi

記事の全文を見る⇒(ICT教育ニュース)

「本気でプログラミング・スキルを習得させること」を追求した“Webスキルのパーソナルジム”【WebCamp】
プログラミング学習において、「継続」は大事な要素の一つです。継続さえしていれば必ず…
受かる人は、ひとりで勉強する?資格試験のオンライン学習サービス「資格スクエア」
予備試験や司法書士試験などの難関試験ではゼミや予備校を活用して勉強をする方の割合が…
小学校のプログラミングが必修になるって本当?ヒューマンキッズサイエンス「ロボット教室」
2020年から小学校でプログラミング教育が必修になります。文部科学省は、早期からコンピュータに触れることを通じて…
学習・教育
いじめ、過去最多54万3,933件…8割近くが小学校

 文部科学省は2019年10月17日、「2018年度児童生徒の問題行動・不登校等生徒指導上の諸課題に …

学習・教育
「第16回 日本e-Learning大賞」、グランプリと4省大臣賞を発表

eラーニングアワードフォーラム運営事務局は17日、eラーニングを活用したコンテンツ・サービス・ソリュ …

学習・教育
トビタテ!留学JAPAN、第12期に1,100人応募

 文部科学省は2019年10月17日、官民協働海外留学支援制度~トビタテ!留学JAPAN日本代表プロ …