なぜ注目されるのか?千代田・札幌新陽の学校改革とICT活用

学習・教育
 リセマムは2019年3月26日、私立中高の経営層と関係者を対象にセミナー「なぜ注目されるのか?千代田・札幌新陽の学校改革とICT活用」を、すららネットと共催した。

 少子化が進み、受験生獲得に苦戦する学校が増える一方で、学校改革や特色ある取組みにより注目を集めている学校もある。

 セミナーでは今注目の、武蔵野大学附属千代田高等学院の荒木貴之校長と、札幌新陽高等学校の荒井優校長の両氏を迎え、学校改革からICT活用を含めた最新の取組みまで、また、すららネットの湯野川孝彦社長からは「最新のEdTechで実現する教育イノベーション」についてお話し頂いた。

 さらに、荒木貴之校長、荒井優校長、湯野川孝彦社長による、会場からの質疑応答も交えたパネルディスカッションも行った。

中学の募集停止、高校の共学化とIBの取得
武蔵野大学附属千代田高等学院の改革とは

 武蔵野大学附属千代田高等学院の荒木校長が約3年前に副校長として赴任した際、同校の前身である千代田女学園は毎年約2億円もの赤字を出し、生徒募集も10年連続で減少し続けていたという。荒木校長は「学校は3年で変わる」との信念で、約130年にわたる女子教育に幕を下ろし、中学校の募集を停止して共学化、国際バカロレア(IB)の認定取得、国連グローバルコンパクトへの加入など、次々と改革を推進してきた。<……(中略)…… に大人かもしれない子どもたちと手を携え、新しい時代をつくっていこうという強いメッセージを感じた1日だった。

記事の全文を見る⇒(リセマム)

「本気でプログラミング・スキルを習得させること」を追求した“Webスキルのパーソナルジム”【WebCamp】
プログラミング学習において、「継続」は大事な要素の一つです。継続さえしていれば必ず…
受かる人は、ひとりで勉強する?資格試験のオンライン学習サービス「資格スクエア」
予備試験や司法書士試験などの難関試験ではゼミや予備校を活用して勉強をする方の割合が…
小学校のプログラミングが必修になるって本当?ヒューマンキッズサイエンス「ロボット教室」
2020年から小学校でプログラミング教育が必修になります。文部科学省は、早期からコンピュータに触れることを通じて…
学習・教育
小中学生の母親、勉強よりも「体づくり」に関心

 小中学生の子どもを持つ母親は、勉強より「体づくり」への関心が高いことが、雪印メグミルクが発表した調 …

学習・教育
Z会×エンビジョン、小6向けのオンライン英会話レッスンを来春から開始

Z会とエンビジョンの2社は、2020年4月から、Z会の通信教育「小学生コース」6年生の英語講座受講者 …

学習・教育
ソニー、toioで学ぶロボットプログラミング12/14

 ソニー・サイエンスプログラムは2019年12月14日、小学3年生から小学6年生を対象に、「toio …