このザク動く…ガンダムで学ぶプログラミング「ジオニックテクニクス」

学習・教育

2019年6月13日から東京ビッグサイトで開催されている「東京おもちゃショー2019」。昨年バンダイブースでは「ガンシェルジュ ハロ」というガンダムトークに付き合ってくれるハロが登場し話題となりました。そして今年もとんでもないガンダムの新プロジェクトが登場。その名も「ジオニックテクニクス」。その実態を知るべく、ブースを取材してきました。


「ジオニックテクニクス」は、ジオニック社のMS開発をしながら、ロボティクスの基礎やプログラミングを学べるSTEM学習コース。簡単に言うと、ザクを作って、ロボットやプログラミングを勉強できるというものです。ロボット開発には近藤科学株式会社、モデルデザインはブルーメイクラボ、カリキュラム開発・教材設計は株式会社リバネスとそれぞれの分野の企業が関わっていて、非常に本格的です。


この学習コースは中学生以上を対象としていて、キットを組み立てることから始めます。完成したザクを専用アプリでプログラミングして動かすのですが、上級者向けとして、PCソフト「HeartToHeart4」を使ったモーション開発も用意されているそうです。


機体とプログラミングが終わると、受講証明書が発行されるそうです。しかし、その後ステップアップとしてさらに複雑で本格的なプログラミング学習を企画しているとのこと。オ……(中略)…… >

このザク……動くぞ!?ガンダムで学ぶプログラミング「ジオニックテクニクス」【おもちゃショー2019】

記事の全文を見る⇒(リセマム)

「本気でプログラミング・スキルを習得させること」を追求した“Webスキルのパーソナルジム”【WebCamp】
プログラミング学習において、「継続」は大事な要素の一つです。継続さえしていれば必ず…
受かる人は、ひとりで勉強する?資格試験のオンライン学習サービス「資格スクエア」
予備試験や司法書士試験などの難関試験ではゼミや予備校を活用して勉強をする方の割合が…
小学校のプログラミングが必修になるって本当?ヒューマンキッズサイエンス「ロボット教室」
2020年から小学校でプログラミング教育が必修になります。文部科学省は、早期からコンピュータに触れることを通じて…
学習・教育
LINEと宮城県共同開発教材「情報活用ノート」中学校編公開

 LINEと宮城県教育委員会および仙台市教育委員会は2019年11月15日、共同開発した情報活用能力 …

学習・教育
AtCoder、プログラミングの実践力をはかる「アルゴリズム実技検定」を創設 12月第1回開催

競技プログラミングコンテストを運営するAtCoderは15日、プログラミングスキルを可視化する検定「 …

学習・教育
LINE、宮城県教委などと共同開発した「みやぎ情報活用ノート」を公開

LINEは、宮城県教育委員会および仙台市教育委員会と情報活用能力育成のための教材「みやぎ情報活用ノー …