ぐんまプログラミング教育推進協議会、発足 群馬のこども達の未来のために、群馬県内の産学官16団体がスクラムを組む!

資格・スクール

株式会社クライム(本社:群馬県高崎市、代表取締役:金井 修)は、プログラミング人材の育成を目的に、昨年県内の産学官16団体と「ぐんまプログラミング教育推進協議会」を発足させ、さまざまな活動に取り組んでいます。

これからの日本の成長をけん引していくICT(情報通信技術)に対応できる有能な人材を群馬県から輩出することを目的としています。

「ぐんまジュニアICTクラブ・プログラミングスクール」の様子

地域で自立的・継続的・発展的に児童生徒、地域住民がプログラミングを学び合い、次代に向けた絆をつくるため、ぐんまプログラミング教育推進協議会では、「大学・専門学校を拠点にした地域資源活用モデル、ICT検定の創出」を掲げ、前橋、高崎、桐生・太田の3地域で「ICTクラブ」の立ち上げを目指しています。

ぐんまプログラミング教育推進協議会は、総務省の「地域におけるIoTの学び推進事業」に実証事業として採択されており、「プログラミング等のICTに関し世代を超えて知識・経験を共有する新たな仕組み」として期待されています。

取り組みの一環として、昨年8月から11月にかけて小中学生に基礎を教える「ぐんまジュニアICTクラブ・プログラミング……(中略)…… oopener" target="_blank">https://twitter.com/program_gunma

記事の全文を見る⇒(@Press)

「本気でプログラミング・スキルを習得させること」を追求した“Webスキルのパーソナルジム”【WebCamp】
プログラミング学習において、「継続」は大事な要素の一つです。継続さえしていれば必ず…
受かる人は、ひとりで勉強する?資格試験のオンライン学習サービス「資格スクエア」
予備試験や司法書士試験などの難関試験ではゼミや予備校を活用して勉強をする方の割合が…
小学校のプログラミングが必修になるって本当?ヒューマンキッズサイエンス「ロボット教室」
2020年から小学校でプログラミング教育が必修になります。文部科学省は、早期からコンピュータに触れることを通じて…
資格・スクール
不確実性の時代のリーダーが持つべきは「聞く耳」、そのスキル・マインドを育成するための鍵やトレーニングとは

理想のリーダー像はみんなをまとめてシンクロさせる指揮者 ――これからのリ …

資格・スクール
2020年卒の企業新卒内定状況調査を発表、外国人採用を増やしたい企業多く―マイナビ

 同調査は9月4日~10月3日に実施され、1349社(上場:109社、非上場:1240社)から回答を …

資格・スクール
ケアマネージャーの服装とは?独立開業の知識

<!– –> <目次> ケアマネージャーの制服について ケアマネ …