おすすめの保育雑誌3誌!保育士の手助けになる書籍

資格・スクール
保育士にとって心強い専門誌

保育士おたすけマガジンも参考にしてみよう!


保育士試験に合格して、就職・転職の準備を進めている方、新年度からの勤務が決まった方もいらっしゃることと思います。施設によっては、きちんとマニュアルが整備され、研修制度が整っているところもありますが、そうでない施設もまだまだたくさんあるのが実情です。

もしマニュアルや研修制度が整っていても、理論通りにはいかないのが「保育」。乳幼児・保護者・保育者、すべては人と人との交流で成り立つ仕事であり、人間は十人十色、百人百様、一人として同じ人間はいなく、マニュアル通りに事が運ぶことなどむしろ少ないと言えるでしょう。

スキルアップしていくためには、長い年月をかけて試行錯誤を繰り返し、経験を積み重ねることが最も重要ですが、そこに先輩方のアドバイスが加わることで、経験がより一層たしかな知識・技能として身に付いていくのではないでしょうか。

保育の世界には、保育者がみんなでスキルアップを目指すための専門誌がたくさん出版されています。保育士試験から保育施設に就職した人が、日々の実践を通じてスキルアップしていくとき、こういった専門誌はとても助けになると思います。施設で定期購読しているところもあるでしょう。今回は最もメジャーな3誌を紹介します。

月刊保……(中略)…… をいくつか紹介したいと思います。

【関連記事】

記事の全文を見る⇒(All About)

「本気でプログラミング・スキルを習得させること」を追求した“Webスキルのパーソナルジム”【WebCamp】
プログラミング学習において、「継続」は大事な要素の一つです。継続さえしていれば必ず…
受かる人は、ひとりで勉強する?資格試験のオンライン学習サービス「資格スクエア」
予備試験や司法書士試験などの難関試験ではゼミや予備校を活用して勉強をする方の割合が…
小学校のプログラミングが必修になるって本当?ヒューマンキッズサイエンス「ロボット教室」
2020年から小学校でプログラミング教育が必修になります。文部科学省は、早期からコンピュータに触れることを通じて…
資格・スクール
マネジャーの「育てる力」をいかに育てるか――知るべき2つのポイントと力がつくワークショップの手順

マネジャーの役目は「人を育てる」こと  マネジャーの仕事にはいろいろなも …

資格・スクール
2019年9月の「doda 転職求人倍率レポート」発表、技術系(IT・通信)の求人は引き続き10倍超え―パーソルキャリア

 2019年9月の転職求人倍率は、前月比0.10ポイント減の2.69倍で、求人数は前月比100.2% …

資格・スクール
プログラミングやデータサイエンスの問題を出しスキルを見極めて求職者にオファーできる「athletics」を提供開始―ギブリー

 同社は、2016年より展開しているプログラミングスキルチェックツール「track」を通じて、エンジ …