おおたとしまさ氏が「二月の勝者」とコラボ、勉強よりも大切な100の言葉とは

学習・教育
 中学受験をテーマとした人気漫画「2月の勝者-絶対合格の教室-」と、教育ジャーナリストおおたとしまさ氏とのコラボレーションによる書籍「中学受験生に伝えたい 勉強よりも大切な100の言葉:『二月の勝者』×おおたとしまさ」が、小学館より2020年6月30日に発売された。そこで著者のおおた氏に、この書籍刊行への思いを聞いた。無理をさせられ苦しむ子どもたち

--中学受験をテーマにした漫画「2月の勝者-絶対合格の教室-」(作者:高瀬志帆)は「週刊ビッグコミックスピリッツ」(小学館)で2018年1号から連載され、コミック本も累計65万部の大ヒット。まもなくドラマ化(日本テレビ・柳楽優弥主演)されるという話題作ですね。これは、どのようなストーリーなのでしょうか。

おおた:合格実績が業界トップの塾を辞め、「御三家」の合格者がゼロに終わった「残念な校舎」の「テコ入れ」をするために来た黒木という男を中心に、中学受験のリアルな現場が描かれています。作者の高瀬さんは、中学受験塾というビジネスの裏側、さまざまな事情を抱える家庭と親子関係、そして彼らの精神的な葛藤や成長を、とても正確に、丁寧に描いています。

 主人公・黒木は「君たちが合格できたのは、父親の『経済力』そして、母親の『狂気』」といったにべもないセリフを連発する一方で、実は生徒には常に温かい眼差しを向ける。中学受験のテ……(中略)…… れないが、最終的にはどんな親子にとっても、必ず笑って締めくくれる、ベストなゴールにつながっている気がする。

記事の全文を見る⇒(リセマム)

「本気でプログラミング・スキルを習得させること」を追求した“Webスキルのパーソナルジム”【WebCamp】
プログラミング学習において、「継続」は大事な要素の一つです。継続さえしていれば必ず…
受かる人は、ひとりで勉強する?資格試験のオンライン学習サービス「資格スクエア」
予備試験や司法書士試験などの難関試験ではゼミや予備校を活用して勉強をする方の割合が…
小学校のプログラミングが必修になるって本当?ヒューマンキッズサイエンス「ロボット教室」
2020年から小学校でプログラミング教育が必修になります。文部科学省は、早期からコンピュータに触れることを通じて…
学習・教育
【夏休み2020】Z会、小学生向け自宅学習教材を無料公開

 Z会は2020年7月10日より、新型コロナウイルスの影響で普段とは異なる環境におかれている小学生へ …

学習・教育
ネットワンシステムズ、相模原市立学校105校にネットワークシステムを提供

ネットワンシステムズは10日、GIGAスクール構想に基づく相模原市立学校105校(69小学校・35中 …

学習・教育
小学生対象「ゲームクリエイターと交流しよう」7月

 小学生向けプログラミング教育事業を手がけるCA Tech Kidsは、ゲームが大好きな小学生を対象 …