【高校受験2022】北海道公立高校入試、学校裁量問題を廃止

学習・教育
 北海道教育委員会は2019年6月21日、「道立高等学校入学者選抜における改善の基本方針」を発表した。2022年度入試から「学校裁量問題」を廃止し、すべての生徒に同一の問題を課す。2021年度入試からは、インフルエンザなどに罹患した生徒のため追検査の機会も設ける。

 「学校裁量問題」は、生徒の多様な個性や能力をきめ細かく評価し、各校の特色を生かした選抜ができるよう、2009年度入学者選抜から実施してきた。一般入学者選抜の国語、数学、英語の学力検査において、学校の裁量で採用できる。

 今回、2022年度(令和4年度)以降の入学者選抜について、新学習指導要領の趣旨を踏まえ、「学校裁量問題」を実施しない方針を示した。改善の理由について、北海道教育委員会は「基礎的・基本的な知識及び技能の習得とともに、思考力、判断力、表現力等についてもバランスよく問うことに留意し、知識及び技能を活用する力に関する出題の充実に配慮する必要がある」と説明している。

 2022年度以降の一般入学者選抜の学力検査では、すべての生徒に同一の問題を出題。すべての教科で基礎的・基本的な知識および技能とともに、思考力、判断力、表現力などについてもバランスよく出題する方針。各教科の配点は現行の60点から100点へ、解答時間は現行の各45分から各50分へと変更になる。

 また、定時制課……(中略)…… 崩したまま受検に臨むことがないよう配慮する必要があるとして、2021年度入試からは新たに追検査を実施する。

記事の全文を見る⇒(リセマム)

「本気でプログラミング・スキルを習得させること」を追求した“Webスキルのパーソナルジム”【WebCamp】
プログラミング学習において、「継続」は大事な要素の一つです。継続さえしていれば必ず…
受かる人は、ひとりで勉強する?資格試験のオンライン学習サービス「資格スクエア」
予備試験や司法書士試験などの難関試験ではゼミや予備校を活用して勉強をする方の割合が…
小学校のプログラミングが必修になるって本当?ヒューマンキッズサイエンス「ロボット教室」
2020年から小学校でプログラミング教育が必修になります。文部科学省は、早期からコンピュータに触れることを通じて…
学習・教育
小学校向け学習ソフト「ジャストスマイル ドリル」全面改訂

 ジャストシステムは2020年1月22日、タブレット端末向け小学校ドリル学習ソフト「ジャストスマイル …

学習・教育
宇都宮市の公立保育所でICTシステム「コドモン」の実証実験を実施

コドモンは23日、宇都宮市の公立保育所において、同社が展開するこども施設向けICTシステム「CoDM …

学習・教育
慶應義塾45年連続トップ…公認会計士試験合格者

 慶應義塾大学は2020年1月15日、2019年の公認会計士試験における大学別合格者数で第1位になっ …