【高校受験2019】滋賀県公立高入試、勝負は部活引退後…京進に聞く合格への道

学習・教育
 推薦選抜・特色選抜と一般選抜から構成される、滋賀県の公立高等学校入学者選抜。近年では一般入試の学力検査「理科」の全大問で記述式が出題されたように、従来の知識・技能だけでは対応できないような新傾向問題が出題されるなど、情報収集に伴う着実な対策が必要になってきている。

 入試本番まで残り数か月となった今、受験生は合格に向け、何をすべきだろうか。全2回の受験機会がある入試制度の基礎知識や、2019年度入試の予想など、滋賀県内で30年以上の指導実績を持つ「京進」滋賀エリア統括責任者の大北卓氏に話を聞いた。合格に向けた夏休みの過ごし方や、出題傾向を分析する。

2018年度で振り返る、滋賀県公立高校入試の傾向と対策

--まず、滋賀県の公立高校入試について、制度や近年の変化を教えてください。

 2018年度(平成30年度)の滋賀県公立高校入試は、大きく2回に分け、推薦選抜・特色選抜(2月)と一般選抜(3月)が実施されました。

 推薦選抜では、おもに面接や作文・実技検査に基づく評価で選抜されました。高校によって検査概要は異なりますので、受験する生徒は注意が必要です。

 特色選抜では思考力、表現力が多く問われる「総合問題」と「小論文」が課されました。「総合問題」では教科を横断した出題が多くあり、苦手科目・分野があると得点……(中略)…… 科学に基づくオリジナル学習法であるリーチングメソッドは、自ら学ぶ力を育む学習法として高い効果を上げている。

記事の全文を見る⇒(リセマム)

「本気でプログラミング・スキルを習得させること」を追求した“Webスキルのパーソナルジム”【WebCamp】
プログラミング学習において、「継続」は大事な要素の一つです。継続さえしていれば必ず…
受かる人は、ひとりで勉強する?資格試験のオンライン学習サービス「資格スクエア」
予備試験や司法書士試験などの難関試験ではゼミや予備校を活用して勉強をする方の割合が…
小学校のプログラミングが必修になるって本当?ヒューマンキッズサイエンス「ロボット教室」
2020年から小学校でプログラミング教育が必修になります。文部科学省は、早期からコンピュータに触れることを通じて…
学習・教育
【全国学力テスト】授業アイデア例を公開、英語が初登場

 国立教育政策研究所は2019年8月22日、2019年度全国学力・学習状況調査(全国学力テスト)の調 …

学習・教育
ALSOK×BBSS、一般家庭向けサイバーセキュリティサービス「SECURIE」

綜合警備保障(ALSOK)は、ソフトバンク子会社のBBソフトサービス(BBSS)と提携し、BBSSの …

学習・教育
慶大研究G、近視増加傾向に警鐘…都内中学生は9割超

 慶應義塾大学医学部眼科学教室の坪田一男教授らは、都内小学生の76.5%、中学生の94.9%が近視で …