【読者プレゼント】日経BP社「Girls Who Code 女の子の未来をひらくプログラミング」プレゼント<応募締切8/15>

学習・教育
 日経BP社から刊行されている「Girls Who Code 女の子の未来をひらくプログラミング」をリセマム読者3名にプレゼントする。応募締切りは2019年8月15日。

 本書は、2019年3月時点で12か国で発売されている「女の子のためのプログラミング入門本」。たくさんのイラストと、実際の女の子たちの体験談や、ピクサーやNASAで働く女性たちの実際のストーリーが掲載されている。

 この本に登場するのは、さまざまなバックグラウンドを持つ女の子たち。プログラミングを1から学びながら、それぞれの興味や関心に基づいた創作活動に仲間とともに取り組んでいく。イラストと図が豊富なため、楽しく、わかりやすく、プログラミングの基礎と創作活動の仕方を学べるのが特徴となっている。

 著者はレシュマ・サウジャニ氏。「Girls Who Code」はサウジャニ氏が米国で2012年に設立した、プログラミングのできる女性を増やすことを目的にしたNPO法人で、おもに中高生の女子学生にプログラミング教育を無償で提供するなど、テック・ジェンダーギャップ(IT業界における男女格差)の解消に努めている。本書は、その「Girls Who Code」の理念・活動に基づき、女の子向けのプログラミング入門書として発売された。

 全10章で構成。巻末には用語集も収録している。価格は1,8……(中略)…… 高校生までのお子さまに役立つ情報を発信してまいります。会員限定プレゼントもご用意しますので、ご期待ください。

記事の全文を見る⇒(リセマム)

「本気でプログラミング・スキルを習得させること」を追求した“Webスキルのパーソナルジム”【WebCamp】
プログラミング学習において、「継続」は大事な要素の一つです。継続さえしていれば必ず…
受かる人は、ひとりで勉強する?資格試験のオンライン学習サービス「資格スクエア」
予備試験や司法書士試験などの難関試験ではゼミや予備校を活用して勉強をする方の割合が…
小学校のプログラミングが必修になるって本当?ヒューマンキッズサイエンス「ロボット教室」
2020年から小学校でプログラミング教育が必修になります。文部科学省は、早期からコンピュータに触れることを通じて…
学習・教育
いじめ、過去最多54万3,933件…8割近くが小学校

 文部科学省は2019年10月17日、「2018年度児童生徒の問題行動・不登校等生徒指導上の諸課題に …

学習・教育
「第16回 日本e-Learning大賞」、グランプリと4省大臣賞を発表

eラーニングアワードフォーラム運営事務局は17日、eラーニングを活用したコンテンツ・サービス・ソリュ …

学習・教育
トビタテ!留学JAPAN、第12期に1,100人応募

 文部科学省は2019年10月17日、官民協働海外留学支援制度~トビタテ!留学JAPAN日本代表プロ …