【小学校受験2019】伸芽会、年長児向け国立小学校別チャレンジテスト11-12月

学習・教育
 伸芽会は2018年11月から12月にかけて、年長児を対象とした「国立小学校学校別チャレンジテスト」を開催する。対象となる学校は、東京学芸大学附属世田谷、東京学芸大学附属小金井、筑波大学附属、千葉大学教育学部附属など6校。都内および千葉の5教室で実施する。

 国立小学校学校別チャレンジテストは、各小学校の「出題傾向」と「出題意図」を正確に分析し、合格に必要な最重要ポイントを精選して出題する学校別模擬テスト。テスト当日には、テスト内容の復習を行うフォローアップクラスも同時開催。テストでうまく対応できなかったところをその日のうちに補う。テストは約90分、フォローアップクラスは60分の予定。

 模擬テストの対象学校は、東京学芸大学附属世田谷小学校、東京学芸大学附属小金井小学校、東京学芸大学附属大泉小学校、東京学芸大学附属竹早小学校、筑波大学附属小学校、千葉大学教育学部附属小学校。筑波大附属は男子限定、女子限定の日程も設ける。

 参加費は、テスト受講が会員12,960円、一般16,200円。フォローアップクラスを合わせて受講する場合は、参加費として会員8,640円、一般10,800円が加算される。申込みは伸芽会Webサイトにて各テスト実施日の5日前まで受け付ける。それ以降は各教室に直接連絡のこと。受付は先着順で、定員になり次第締め切る。

◆国立小学校……(中略)…… 2,960円、一般16,200円 <フォローアップクラス>会員8,640円、一般10,800円が加算される

記事の全文を見る⇒(リセマム)

「本気でプログラミング・スキルを習得させること」を追求した“Webスキルのパーソナルジム”【WebCamp】
プログラミング学習において、「継続」は大事な要素の一つです。継続さえしていれば必ず…
受かる人は、ひとりで勉強する?資格試験のオンライン学習サービス「資格スクエア」
予備試験や司法書士試験などの難関試験ではゼミや予備校を活用して勉強をする方の割合が…
小学校のプログラミングが必修になるって本当?ヒューマンキッズサイエンス「ロボット教室」
2020年から小学校でプログラミング教育が必修になります。文部科学省は、早期からコンピュータに触れることを通じて…
学習・教育
教員向け「学校とICTフォーラム2020」4/25

 日本教育情報化振興会はSkyの協力を得て、2020年4月25日に東京・品川プリンスホテルで情報教育 …

学習・教育
しちだ・教育研究所、ソニー・グローバルエデュケーションと業務提携

しちだ・教育研究所は20日、ソニー・グローバルエデュケーションは、プログラミング講座開講に向けた取引 …

学習・教育
ロボットプログラミング「わくわく体験Day」東京・大阪

 アフレルは2020年3月27日に大阪、3月30日に東京で、小学生を対象としたロボットプログラミング …