【大学受験2019】杏林大医学部で出題ミス、2名を追加合格に

学習・教育
 杏林大学は2019年2月14日、同月1日に実施した2019年度(平成31年度)医学部医学科一般入学試験(前期)の1次試験において出題ミスがあったことを公表した。

 ミスがあったのは、2月1日に実施された医学部医学科一般入学試験(前期)の第1次試験における数学での出題。問題文中の表現の解釈により、複数の正答が存在する可能性があることが発覚した。

 該当する問題については、当初正答としていた選択肢のほか、正答となり得る選択肢も正解扱いとして対応。再度採点を行い、2人を1次試験の追加合格者とした。

 杏林大学は、「再びこのようなことが起こらないように、試験実施体制等について早急に見直しを行い、再発防止に最善を尽くします」とコメントしている。

記事の全文を見る⇒(リセマム)

こらないように、試験実施体制等について早急に見直しを行い、再発防止に最善を尽くします」とコメントしている。

記事の全文を見る⇒(リセマム)

「本気でプログラミング・スキルを習得させること」を追求した“Webスキルのパーソナルジム”【WebCamp】
プログラミング学習において、「継続」は大事な要素の一つです。継続さえしていれば必ず…
受かる人は、ひとりで勉強する?資格試験のオンライン学習サービス「資格スクエア」
予備試験や司法書士試験などの難関試験ではゼミや予備校を活用して勉強をする方の割合が…
小学校のプログラミングが必修になるって本当?ヒューマンキッズサイエンス「ロボット教室」
2020年から小学校でプログラミング教育が必修になります。文部科学省は、早期からコンピュータに触れることを通じて…
学習・教育
未来を見据え「子どもたちの学び方改革」に挑む新渡戸文化中学校

 近代日本の偉人で、世界的ベストセラー「武士道」の著者としても知られる新渡戸稲造は、1928年に新渡 …

学習・教育
Society5.0時代に向け「ICT教育」を推進する文科省の本気度

「新時代の学びを支える先端技術活用推進方策(最終まとめ)」を読む 6月25、文部科学省から「新時代の …

学習・教育
イー・ラーニング研究所、8つの児童施設に学習機材タブレットを寄贈

イー・ラーニング研究所は15日、台東区社会福祉事業団が運営する8つの児童施設に、フォルス学習システム …