【夏休み2019】舞台体験・ランチ付、小中学生の親子向け能楽鑑賞プラン

学習・教育
 女性向け予約サイト「オズモール」は、小中学生の親子を対象に「7月国立能楽堂ショーケース」夏休み自由研究プランを販売開始した。公演日程は2019年7月24日。料金は親子2人1組6,300円(税込)。

 「国立能楽堂ショーケース」は、能と狂言の楽しさに気軽に触れることができる公演。オズモールが販売する夏休み自由研究プランでは、鑑賞前に能楽師によるワークショップを実施。研修能舞台での舞台体験や子どもにもわかりやすい解説と質疑応答、能の謡と舞の体験、能面・能装束をつける体験ができる。

 昼食は、1階にある食事処「向日葵」で大人は弁当、子どもはお子様ランチを食べることができる。食後は、鬼に化けて酒を手にする演技が楽しめる狂言「伯母ヶ酒」、鬼・天狗・龍神などがシテとなる切能の傑作でもある「小鍛冶」を脇正面席で鑑賞する。

 子どもには、当日のワークショップの内容や公演の感想をまとめて、学校への自由研究の宿題として提出できるオリジナル小冊子と、国立能楽堂の舞台をペーパークラフトで再現できる「能舞台立版古」のプレゼントも用意している。

 料金は親子2人1組6,300円。人数を追加する場合は、大人1人につき3,500円、子ども1人につき2,800円(いずれも税込)が必要。申込みは、オズモールWebサイトにて受け付けている。締切りは7月17日午後5時。

……(中略)…… ,500円、子ども1人につき2,800円(いずれも税込)が必要申込方法:オズモールWebサイトにて申し込む

記事の全文を見る⇒(リセマム)

「本気でプログラミング・スキルを習得させること」を追求した“Webスキルのパーソナルジム”【WebCamp】
プログラミング学習において、「継続」は大事な要素の一つです。継続さえしていれば必ず…
受かる人は、ひとりで勉強する?資格試験のオンライン学習サービス「資格スクエア」
予備試験や司法書士試験などの難関試験ではゼミや予備校を活用して勉強をする方の割合が…
小学校のプログラミングが必修になるって本当?ヒューマンキッズサイエンス「ロボット教室」
2020年から小学校でプログラミング教育が必修になります。文部科学省は、早期からコンピュータに触れることを通じて…
学習・教育
LINEと宮城県共同開発教材「情報活用ノート」中学校編公開

 LINEと宮城県教育委員会および仙台市教育委員会は2019年11月15日、共同開発した情報活用能力 …

学習・教育
AtCoder、プログラミングの実践力をはかる「アルゴリズム実技検定」を創設 12月第1回開催

競技プログラミングコンテストを運営するAtCoderは15日、プログラミングスキルを可視化する検定「 …

学習・教育
LINE、宮城県教委などと共同開発した「みやぎ情報活用ノート」を公開

LINEは、宮城県教育委員会および仙台市教育委員会と情報活用能力育成のための教材「みやぎ情報活用ノー …