【夏休み2019】秋田県「短期チャレンジ留学」県外小学生募集

学習・教育
 秋田県教育委員会は、2019年8月23日から28日ににかほ市と小坂町で開催する2019年度「短期チャレンジ留学I」において、参加者を募集している。対象は秋田県外の小学4年生から6年生。申込締切は6月17日。

 「短期チャレンジ留学I」は、県外の児童生徒に授業体験や自然体験活動などを通して、秋田の教育環境の良さを体験してもらい、県内への移住・定住につなげることを目的に開催。8月16日から19日の北秋田市での開催はすでに定員締切となっており、現在8月23日から28日のにかほ市と小坂町での開催において参加者を募集している。

 6日間の活動内容は、にかほ市が海辺の自然観察や鳥海山登山、「にかほ市花火大会」での花火鑑賞、漁船乗船体験、秋田の探究型授業体験(金浦小学校)、蚶満寺散策など。小坂町が金属リサイクルの町視察や十和田湖畔自然観察、奥入瀬渓流散策、川上プール遊び、野菜収穫作業、秋田の探究型授業体験(小坂小学校)などを実施する。

 参加費は各1万5,000円(食費・宿泊費・保険料込、交通費別)。申込みは、FAXにて受け付けている。留学先により申込先が異なるため、秋田県Webサイトに掲載の各市町の実施要項にて確認すること。締切りは6月17日、定員は各10名。にかほ市は定員を超えた場合、抽選のうえ後日結果を通知する。ただし、早期に定員を超えた場合は途中で受付を締……(中略)…… を通知する(早期に定員を超えた場合は途中で受付を締め切る場合がある)※小坂町は定員になり次第、締切りとなる

記事の全文を見る⇒(リセマム)

「本気でプログラミング・スキルを習得させること」を追求した“Webスキルのパーソナルジム”【WebCamp】
プログラミング学習において、「継続」は大事な要素の一つです。継続さえしていれば必ず…
受かる人は、ひとりで勉強する?資格試験のオンライン学習サービス「資格スクエア」
予備試験や司法書士試験などの難関試験ではゼミや予備校を活用して勉強をする方の割合が…
小学校のプログラミングが必修になるって本当?ヒューマンキッズサイエンス「ロボット教室」
2020年から小学校でプログラミング教育が必修になります。文部科学省は、早期からコンピュータに触れることを通じて…
学習・教育
LINEと宮城県共同開発教材「情報活用ノート」中学校編公開

 LINEと宮城県教育委員会および仙台市教育委員会は2019年11月15日、共同開発した情報活用能力 …

学習・教育
AtCoder、プログラミングの実践力をはかる「アルゴリズム実技検定」を創設 12月第1回開催

競技プログラミングコンテストを運営するAtCoderは15日、プログラミングスキルを可視化する検定「 …

学習・教育
LINE、宮城県教委などと共同開発した「みやぎ情報活用ノート」を公開

LINEは、宮城県教育委員会および仙台市教育委員会と情報活用能力育成のための教材「みやぎ情報活用ノー …