【夏休み2019】京都で小中学生対象「芸術体験教室」能楽・邦舞など

学習・教育
 京都市と京都市芸術文化協会は、2019年7月から8月にかけて「夏休み芸術体験教室2019」を開催する。対象は小中学生。日本舞踊、三味線、仕舞など、日本の伝統芸能や伝統音楽を楽しみながら学ぶことができる。受講無料。事前申込制で、応募締切は7月3日。

 「夏休み芸術体験教室」では、「邦楽」「邦舞」「能楽1」「能楽2」の4つのプログラムを実施する。「邦楽」は、5つの楽器(箏・三味線・締太鼓・鉦・横笛)を体験したあと、1つを決めて練習。最終日に全員で合奏して曲を完成させる。「邦舞」は、日本舞踊とともに所作や作法なども学び、最終的には成果を発表する。

 「能楽1」は、日本の伝統芸能である能楽の仕舞(舞の動きや型)を学ぶ。「能楽2」では、能楽の囃子(笛・小鼓・大鼓・太鼓)のいずれか1つをじっくり学ぶ。能楽体験教室では、学んだ成果を8月8日に本物の能舞台で発表する。

 対象は、小学1年生~中学3年生。ただし、「邦楽」のみ小学4~6年生、「能楽2」の笛は小学4年生以上。会場は、京都芸術センター。実施回数は各教室5~6日間。時間は、午前10時半~正午。開催日は教室によって異なる。

 申込みは、往復はがきまたはWebサイトのイベント予約ページに必要事項を明記のうえ、7月3日(必着)までに申し込む。応募者多数の場合は抽選。結果は7月10日までに通知される。ただ……(中略)…… 、7日(水)対象:小学1年生~中学3年生※笛は小学4年生以上定員:能楽教室1は25名、能楽教室2は各12名

記事の全文を見る⇒(リセマム)

「本気でプログラミング・スキルを習得させること」を追求した“Webスキルのパーソナルジム”【WebCamp】
プログラミング学習において、「継続」は大事な要素の一つです。継続さえしていれば必ず…
受かる人は、ひとりで勉強する?資格試験のオンライン学習サービス「資格スクエア」
予備試験や司法書士試験などの難関試験ではゼミや予備校を活用して勉強をする方の割合が…
小学校のプログラミングが必修になるって本当?ヒューマンキッズサイエンス「ロボット教室」
2020年から小学校でプログラミング教育が必修になります。文部科学省は、早期からコンピュータに触れることを通じて…
学習・教育
ルートH、中高生向け「海外進学・留学ラボ」開設

 海外トップ大進学塾「Route H(ルート エイチ)」グループは、グローバルな進路を志す中高生を応 …

学習・教育
iTeachers TV Vol.231 千葉明徳中高 梅澤俊秀 副校長(前編)

iTeachersとiTeachers Academyは3日、iTeachers TV Vol.23 …

学習・教育
LINE entry、家庭向け無料プログラミング教材追加

 LINEみらい財団は、無償のプログラミング学習プラットフォーム「LINE entry」において、親 …