【全国学力テスト】H31年実施に向け英語「話すこと」調査、手順など公開

学習・教育
 平成31年度全国学力・学習状況調査(全国学力テスト)の中学校英語「話すこと」調査に向けて、文部科学省は平成30年10月9日、具体的な手順などをまとめた資料を公開した。調査は各学校のPC端末などを活用して1学級同時に実施し、USBメモリを用いて音声データを回収する。

 中学校英語「話すこと」調査は、平成31年4月18日実施予定の全国学力テストにおいて、中学校3年生を対象に初めて導入される。平成30年5月には、全国の公立中学校から抽出された136校で英語予備調査が実施され、「聞くこと」「読むこと」「書くこと」「話すこと」を問う問題が出題された。

 平成31年度の中学校英語「話すこと」調査は、各学校のコンピューター室などのPC端末、文部科学省が配布するUSBヘッドセットとUSBメモリを活用し、音声録音方式によって同一学級の生徒が一斉に行う。調査実施後には、USBメモリを用いて音声データを回収する。

 英語予備調査では、調査前日にUSBメモリを各学校に送付し、格納された調査プログラムの展開作業を行ったが、平成31年度の英語「話すこと」調査では事前にWebシステムから調査プログラムをダウンロードできるよう改善を図っている。回収もサーバー経由で可能となるよう検討しているという。

 英語「話すこと」調査では、対象となる中学校3年生が9学級以下の学校であれ……(中略)…… 以降には、おもに都道府県などの担当者を対象に中学校英語「話すこと」調査に関する説明会の実施も予定している。

記事の全文を見る⇒(リセマム)

「本気でプログラミング・スキルを習得させること」を追求した“Webスキルのパーソナルジム”【WebCamp】
プログラミング学習において、「継続」は大事な要素の一つです。継続さえしていれば必ず…
受かる人は、ひとりで勉強する?資格試験のオンライン学習サービス「資格スクエア」
予備試験や司法書士試験などの難関試験ではゼミや予備校を活用して勉強をする方の割合が…
小学校のプログラミングが必修になるって本当?ヒューマンキッズサイエンス「ロボット教室」
2020年から小学校でプログラミング教育が必修になります。文部科学省は、早期からコンピュータに触れることを通じて…
学習・教育
オンラインで完結「学生支援給付金申請システム」提供開始

 パイプドビッツは2020年5月28日、学校向けに開発した「学生支援給付金申請システム」を提供開始し …

学習・教育
くもん出版、松田孝校長の『学校を変えた最強のプログラミング教育』刊行

くもん出版は28日、松田孝著『学校を変えた最強のプログラミング教育』を刊行した。価格は1600円(税 …

学習・教育
LINE entry、プログラミング初心者向けコンテンツ公開

 LINEは2020年5月28日、LINEみらい財団が提供する無償のプログラミング学習プラットフォー …