【全国学力テスト】低所得でも高い学力…生活習慣や読書が好影響

学習・教育
 規則的な生活を送り、本や新聞などに親しむ子どもは、親の年収や学歴が低くても、学力が高い傾向にあることが平成30年6月27日、文部科学省が公表した平成29年度全国学力・学習状況調査(全国学力テスト)結果の分析から明らかになった。

 平成29年度全国学力テストは平成29年5月、全国の小学6年生と中学3年生を対象に実施。今回、追加調査として行った「保護者に対する調査」の結果をもとに家庭状況と学力の関係、成果をあげている学校の取組みなどを分析し、公表した。保護者調査は、平成25年度に続き、2回目。

 調査結果から家庭の社会経済的背景として、家庭所得、父親の学歴、母親の学歴という3つの変数を合成した指標(SES:Socio-Economic Status)を4段階にわけて分析。平成25年度の結果分析と同様、小6、中3のいずれもSESが高いほど正答率が高いことがわかった。また、SESが高いほど正答率の学力のばらつきが小さく、SESが低いほどばらつきが大きかった。

 一方、今回の分析では新たにSESが低い層においても高学力の生徒・児童が一定数いることが判明した。親の年収や学歴が低いにもかかわらず、国語・算数(数学)の総正答率が上位25%に位置する子どもの特徴を分析したところ、保護者が子どもに対し、規則的な生活習慣を整え、文字に親しむよう促し、知的な好奇心を高めるよう……(中略)…… 発、1人も見逃さない個別指導」「若手とベテランが学び合う同僚性と学校の組織的な取組み」などがあったという。

記事の全文を見る⇒(リセマム)

「本気でプログラミング・スキルを習得させること」を追求した“Webスキルのパーソナルジム”【WebCamp】
プログラミング学習において、「継続」は大事な要素の一つです。継続さえしていれば必ず…
受かる人は、ひとりで勉強する?資格試験のオンライン学習サービス「資格スクエア」
予備試験や司法書士試験などの難関試験ではゼミや予備校を活用して勉強をする方の割合が…
小学校のプログラミングが必修になるって本当?ヒューマンキッズサイエンス「ロボット教室」
2020年から小学校でプログラミング教育が必修になります。文部科学省は、早期からコンピュータに触れることを通じて…
学習・教育
【全国学力テスト】授業アイデア例を公開、英語が初登場

 国立教育政策研究所は2019年8月22日、2019年度全国学力・学習状況調査(全国学力テスト)の調 …

学習・教育
ALSOK×BBSS、一般家庭向けサイバーセキュリティサービス「SECURIE」

綜合警備保障(ALSOK)は、ソフトバンク子会社のBBソフトサービス(BBSS)と提携し、BBSSの …

学習・教育
慶大研究G、近視増加傾向に警鐘…都内中学生は9割超

 慶應義塾大学医学部眼科学教室の坪田一男教授らは、都内小学生の76.5%、中学生の94.9%が近視で …