【中学受験2019】志望校選びは「子どもの希望」「雰囲気」朝日小学生新聞調査

学習・教育
 朝日学生新聞社は、2019年度中学受験を経験した小学6年生の保護者を対象に中学受験に関するアンケート調査を実施。中学受験をした理由、志望校選びともに「子どもの希望」を重視していたことが明らかになった。約6割は小学3・4年生で情報収集を始めていた。

 2019年度中学受験に関するアンケートは、朝日小学生新聞や合格発表の会場で呼びかけを行い、Webサイト・アンケート用紙への記入により調査を実施。小学6年生の保護者593名から有効回答を得た。調査期間は2019年2月7日~2月20日。回答を得た対象児童の性別は、男子47%、女子53%。

 中学受験をすることにした理由について選択肢から3つ選択してもらったところ、もっとも多かったのは「子ども自身が希望した」59.5%。ついで、「教育内容が地元の中学校より良い」48.6%、「高校受験をしなくてすむ」43.0%、「大学進学に有利」39.8%と続いた。選択式回答では「子ども自身の希望」の割合が高かったが、自由回答の意見を見ると保護者自身も地元の公立中学校に期待しておらず、より整った環境や子どもの未来が広がる可能性を重視して中学受験を決めているようすがうかがえた。

 塾や私立中学校など、中学受験の情報収集を始めた時期は、「4年生から」がもっとも多く32.7%。ついで「3年生から」28.0%と、60%以上は3・4年生で……(中略)…… ツを続けた、との意見も多く、受験勉強一色にならないよう、メリハリのある生活を過ごしている家庭が多いようだ。

記事の全文を見る⇒(リセマム)

「本気でプログラミング・スキルを習得させること」を追求した“Webスキルのパーソナルジム”【WebCamp】
プログラミング学習において、「継続」は大事な要素の一つです。継続さえしていれば必ず…
受かる人は、ひとりで勉強する?資格試験のオンライン学習サービス「資格スクエア」
予備試験や司法書士試験などの難関試験ではゼミや予備校を活用して勉強をする方の割合が…
小学校のプログラミングが必修になるって本当?ヒューマンキッズサイエンス「ロボット教室」
2020年から小学校でプログラミング教育が必修になります。文部科学省は、早期からコンピュータに触れることを通じて…
学習・教育
少子化に向けた学校教育モデル、11市区町村の事例を掲載

 文部科学省は2019年9月18日、2017年度「少子化・人口減少社会に対応した活力ある学校教育推進 …

学習・教育
日本IMS協会、教育DXテーマに「IMS Japan Conference 2019」東京・大阪で開催

日本IMS協会は、教育のデジタルトランスフォーメーション(DX)をテーマに、24日~26日に東京と大 …

学習・教育
全国統一中学生テスト11/4、学年に合わせた3部門で実施

 東進は2019年11月4日、中学1~3年生を対象とした「全国統一中学生テスト」を開催する。受験学年 …