【中学受験2019】一橋セイシン会、残り120日で合格目指す「直前対策」45名限定

学習・教育
 中学受験専門の家庭教師「一橋セイシン会」は、まだ志望中学校合格に偏差値が届いていない児童を受験まで残り120日で合格に導く「中学受験専門プロ家庭教師による直前対策」プランの申込みを2018年9月15日午後7時まで受け付けている。受講は45名限定。

 2019年度の中学受験まで残り約120日。この時期から志望校合格に間に合わせるためには「最短ルートで合格できる勉強法」に切り替える必要があるという。一橋セイシン会によると、どの中学校も合格点は5~6割、高くても7割程度のため、入試問題の3~4割は解けなくても合格はできるという。「中学受験専門プロ家庭教師による直前対策」では、満点を目指してすべてに取り組むのではなく、「合格点をとるために必要なこと」だけにしぼり込むことで残り約120日でも間に合わせることを目指す。

 傾向に沿ってやることをしぼり関係ないことは一切やらない、出題頻度の高いものや合否を分ける重要な問題から優先順位をつける、優先度の高い単元や問題から確実に解けるように対策していく、といった直前対策の結果、2018年度中学受験においても志望校合格を達成しているという。申込時には志望中学校に偏差値が届いていなかったものの、慶應湘南藤沢中等部、洗足学園中学校、慶應義塾中等部、早稲田大学高等学院中学部、立教新座中学校、桜蔭中学校などへの合格実績が出ている。

記事の全文を見る⇒(リセマム)

「本気でプログラミング・スキルを習得させること」を追求した“Webスキルのパーソナルジム”【WebCamp】
プログラミング学習において、「継続」は大事な要素の一つです。継続さえしていれば必ず…
受かる人は、ひとりで勉強する?資格試験のオンライン学習サービス「資格スクエア」
予備試験や司法書士試験などの難関試験ではゼミや予備校を活用して勉強をする方の割合が…
小学校のプログラミングが必修になるって本当?ヒューマンキッズサイエンス「ロボット教室」
2020年から小学校でプログラミング教育が必修になります。文部科学省は、早期からコンピュータに触れることを通じて…
学習・教育
【高校受験】SAPIX「受験相談会」6/27…英数診断テストも実施

 SAPIX中学部は、中学1~3年生と保護者を対象にした「受験相談会」を2020年6月27日に各校舎 …

学習・教育
KCCSの「本を耳で聴く」配信サービス、奈良と八王子の市立図書館が導入

京セラコミュニケーションシステム(KCCS)とオトバンクは1日、KCCSの公共図書館システム「ELC …

学習・教育
大学向けに学校紹介を動画化…Kaizen Platformとリクルート系

 Kaizen Platformは2020年6月1日、リクルートマーケティングパートナーズと共同で、 …