【中学受験】難関校合格への費用は?

学習・教育
 首都圏の中学受験も大詰めとなり、今週でほぼ終了する。最難関校のひとつ、開成中学校では2019年2月1日に入試が行われ、2月3日に合格発表が行われた。保護者は塾の費用に関する質問に「270万円ほどかかりました」と応えていた。ほかにも「塾の授業料に400万円、そのほかに100万円程度」と話している保護者もいて、合格までに保護者の負担も大きいことがうかがえた。

 合格までの出費は、いかほどだろうか。

 2019年度の開成中学校には、300名の定員に対して1,231名が出願、1,159名が受験し、396名が合格した。

 大手塾が発表している2月4日午後1時現在の開成の合格者数は、SAPIX小学部218名、早稲田アカデミー83名、日能研38名と、一部重複している児童がいる可能性もあるが、これらの塾出身者が合格者の大半を占めていることがわかる。

大手塾の授業料

 リセマムが2018年3月に実施した調査によると、各塾の費用は次のとおり。

SAPIX小学部の年間費用(2018年度の費用詳細)
 1年生:約180,000円
 2年生:約220,000円
 3年生:約300,000円
 4年生:約580,000円
 5年生:約730,000円
 6年生:約1,340,000円
 (4~……(中略)…… ているケースも少なくない。志望校合格にはお子さん自身の努力はもちろんだが、保護者の努力も必要といえそうだ。

記事の全文を見る⇒(リセマム)

「本気でプログラミング・スキルを習得させること」を追求した“Webスキルのパーソナルジム”【WebCamp】
プログラミング学習において、「継続」は大事な要素の一つです。継続さえしていれば必ず…
受かる人は、ひとりで勉強する?資格試験のオンライン学習サービス「資格スクエア」
予備試験や司法書士試験などの難関試験ではゼミや予備校を活用して勉強をする方の割合が…
小学校のプログラミングが必修になるって本当?ヒューマンキッズサイエンス「ロボット教室」
2020年から小学校でプログラミング教育が必修になります。文部科学省は、早期からコンピュータに触れることを通じて…
学習・教育
未来を見据え「子どもたちの学び方改革」に挑む新渡戸文化中学校

 近代日本の偉人で、世界的ベストセラー「武士道」の著者としても知られる新渡戸稲造は、1928年に新渡 …

学習・教育
Society5.0時代に向け「ICT教育」を推進する文科省の本気度

「新時代の学びを支える先端技術活用推進方策(最終まとめ)」を読む 6月25、文部科学省から「新時代の …

学習・教育
イー・ラーニング研究所、8つの児童施設に学習機材タブレットを寄贈

イー・ラーニング研究所は15日、台東区社会福祉事業団が運営する8つの児童施設に、フォルス学習システム …