【センター試験2019】データネット「合格可能性判定基準」公開…東大理三96.1%

学習・教育
 ベネッセ・駿台による「データネット2019」は2019年1月23日午前6時30分、2019年度大学入試センター試験における各大学の「合格可能性判定基準」を公開。また、同日午前9時に自己採点・判定チェッカーがリリースされた。

 ベネッセ・駿台が共同実施した2019年度大学入試センター試験自己採点集計「データネット」は、1月22日時点で最終集計値45万3,777件。公開された「合格可能性判定基準」では、判定基準(傾斜)、得点率(%)、900点集計、1次通過のラインや倍率などを掲載。合格率は80%以上をA判定、60%以上80%未満をB判定、40%以上60%未満をC判定、20%以上40%未満をD判定としている。

 東京大学の合格可能性A判定は、文科一類が850点(得点率:94.4%)、文科二類が850点(得点率:94.4%)、文科三類が845点 (93.9%)、理科一類は845点(93.9%)、理科二類は845点(93.9%)、理科三類は865点(96.1%)。

 京都大学の合格可能性A判定は、文学部(人文)が234点(93.6%)、法学部が250点(92.6%)、経済学部(経済経営・文系)が234点(93.6%)、理学部(理)が214点(95.1%)、医学部(医)が240点(96.0%)などとなった。

 なお、1月22日時点のデータネット集計によ……(中略)…… 関する情報を随時更新。1月23日には、志望大学の合格可能性を判定できる「判定チェッカー」が公開されている。

記事の全文を見る⇒(リセマム)

「本気でプログラミング・スキルを習得させること」を追求した“Webスキルのパーソナルジム”【WebCamp】
プログラミング学習において、「継続」は大事な要素の一つです。継続さえしていれば必ず…
受かる人は、ひとりで勉強する?資格試験のオンライン学習サービス「資格スクエア」
予備試験や司法書士試験などの難関試験ではゼミや予備校を活用して勉強をする方の割合が…
小学校のプログラミングが必修になるって本当?ヒューマンキッズサイエンス「ロボット教室」
2020年から小学校でプログラミング教育が必修になります。文部科学省は、早期からコンピュータに触れることを通じて…
学習・教育
LINEと宮城県共同開発教材「情報活用ノート」中学校編公開

 LINEと宮城県教育委員会および仙台市教育委員会は2019年11月15日、共同開発した情報活用能力 …

学習・教育
AtCoder、プログラミングの実践力をはかる「アルゴリズム実技検定」を創設 12月第1回開催

競技プログラミングコンテストを運営するAtCoderは15日、プログラミングスキルを可視化する検定「 …

学習・教育
LINE、宮城県教委などと共同開発した「みやぎ情報活用ノート」を公開

LINEは、宮城県教育委員会および仙台市教育委員会と情報活用能力育成のための教材「みやぎ情報活用ノー …