『すらら』活用で「努力の過程」を評価/開星高校CBT入試が話題

学習・教育
多様化進む、中学・高校の入試制度

近年、急激に多様化が進む中学・高校の入試制度。純粋な教科学力だけでなく、さまざまな評価基準を設けた新しい選抜方法を導入する学校が増えている。例えば、過去に力を入れてきたことなどをアピールする「自己推薦型」、知識の運用力や表現力などを問う「適性検査型」、正解のない問いを課して思考力や発想力を評価する「思考力型」などがその代表だ。

開星中学校・高等学校

この背景には、2020年度から始まる新しい大学入試への対応や、間口を広げてより多くの受験生(生徒)を確保したいという経営的な側面もあるが、いずれもその大前提にあるのは、知識量のみでは計れない児童・生徒の能力を、多面的に評価したいという考えだ。

島根県松江市の開星高等学校(学校法人大多和学園)が2016年度から導入している『CBT入試』もその一つである。

『CBT』入試で「努力できる」力を評価

一般的にCBTとは「Computer Based Testing」の略称で、コンピュータ上で受験するシステムのことを指す。次世代型の試験モデルとして注目されているが、同校のCBT入試が特に話題を集めたのは、そのツールとしてネット学習教材の『すらら』を採用したことだった。

『すらら』は、学習者個……(中略)…… すららネット

記事の全文を見る⇒(ICT教育ニュース)

「本気でプログラミング・スキルを習得させること」を追求した“Webスキルのパーソナルジム”【WebCamp】
プログラミング学習において、「継続」は大事な要素の一つです。継続さえしていれば必ず…
受かる人は、ひとりで勉強する?資格試験のオンライン学習サービス「資格スクエア」
予備試験や司法書士試験などの難関試験ではゼミや予備校を活用して勉強をする方の割合が…
小学校のプログラミングが必修になるって本当?ヒューマンキッズサイエンス「ロボット教室」
2020年から小学校でプログラミング教育が必修になります。文部科学省は、早期からコンピュータに触れることを通じて…
学習・教育
システムフォレスト、「農大・農高連携によるスマート農業実証」業務を受注

システムフォレストは12日、「農大・農高連携によるスマート農業実証」の業務を7月25日に受注したと発 …

学習・教育
高校生の就活、60%が「自分に合った会社が見つかるか」不安 =ジンジブ調べ =

高校生の就職支援と採用支援を行うジンジブは12日、合同企業説明会「ジョブドラフトFes」に来た高校生 …

学習・教育
英会話アプリ「GLOBAL CROWN」、Lenovo製タブレットに標準搭載

ハグカムは12日、同社の子ども向けオンライン英会話スクール「GLOBAL CROWN(グローバルクラ …