「MobiConnect」、デバイス利活用状況を見える化する機能を強化

学習・教育

インヴェンティットは25日、MDMサービス「MobiConnect(モビコネクト)」の最新バージョンをリリースしたと発表した。

デバイスの稼働率・アプリの活用状況

最新バージョン(Ver.29)では、タブレットの利活用を分析する新たな視点として「mobiAnalytics」にアプリがどう使われたかを可視化する機能の強化と、専用ブラウザを必要としないフィルタリングを可能とした「i-FILTER MultiAgent for iOS」のオプションを提供。

「mobiAnalytics」の機能強化では、「mobiAnalytics」へ登録されている全てのデバイスを対象に、「いつ、誰が、どのアプリを、どのくらい活用したのか」を視覚的に表現する。

今回の新機能で、「デバイスの稼働率」と「アプリの活用状況」を紐づけることで、デバイス利用者の稼働状況や興味関心など、多面的な分析が可能になる。

アプリの活用状況は、ヒストグラムやタイムラインで表示され、複数アプリの活用頻度(ランキング)や、利用者ごとに時間軸に沿ったアプリの活用状況を確認することができる。

従来は担当者の感覚でしか判断できなかった「ある程度使われているはず」を数値で可視化し、特定の活用量に到達した……(中略)…… .mobi-connect.net/" target="_blank">MobiConnect

記事の全文を見る⇒(ICT教育ニュース)

「本気でプログラミング・スキルを習得させること」を追求した“Webスキルのパーソナルジム”【WebCamp】
プログラミング学習において、「継続」は大事な要素の一つです。継続さえしていれば必ず…
受かる人は、ひとりで勉強する?資格試験のオンライン学習サービス「資格スクエア」
予備試験や司法書士試験などの難関試験ではゼミや予備校を活用して勉強をする方の割合が…
小学校のプログラミングが必修になるって本当?ヒューマンキッズサイエンス「ロボット教室」
2020年から小学校でプログラミング教育が必修になります。文部科学省は、早期からコンピュータに触れることを通じて…
学習・教育
LINEと宮城県共同開発教材「情報活用ノート」中学校編公開

 LINEと宮城県教育委員会および仙台市教育委員会は2019年11月15日、共同開発した情報活用能力 …

学習・教育
AtCoder、プログラミングの実践力をはかる「アルゴリズム実技検定」を創設 12月第1回開催

競技プログラミングコンテストを運営するAtCoderは15日、プログラミングスキルを可視化する検定「 …

学習・教育
LINE、宮城県教委などと共同開発した「みやぎ情報活用ノート」を公開

LINEは、宮城県教育委員会および仙台市教育委員会と情報活用能力育成のための教材「みやぎ情報活用ノー …