「LabBase」のユーザー情報に基づく理系人材の就活動向を発表、理系学生へのアプローチはタイミングが重要―POL

資格・スクール

 理系学生は、文系学生と比較して研究など学業に費やす時間が長い傾向にあり、企業説明会やインターンといった企業主催のイベントへの参加が難しい。とりわけ忙しいのが学会発表の直前であり、理系学生の採用を成功させる第一歩としては、そんな学生が多忙な時期を避けてアプローチすることが重要といえる。

 なお、「LabBase」ユーザーは3月と9月の学会参加が多いため、POLでは企業に対して、それ以外の時期の学生へのアプローチをすすめている。

「LabBase」ユーザー所属学会の開催時期

 理系学生は、選考参加社数も文系学生と比較して少ない傾向にあり、全就活生の選考参加社数が平均30.7社であるのに対して、「LabBase」ユーザーの約4割は5社以下しか選考に参加しておらず、16社以上の選考に参加した学生は約1割だった。

「LabBase」ユーザーの選考参加社数

 アプローチの時期としては、「LabBase」ユーザーに送るスカウトメールの返信率をみると、就活解禁前の12月にピークを迎え、それ以降は月を追うごとに返信率が緩やかに落ちていくこと、および4月以降は1学年下の学生の動きも活発になってくることから、採用活動が本格化する3か月前までには学生との初期接点を持つことが重要と考えられる。

「LabBase」ユーザーのスカウトメール返信率推移

……(中略)…… 生と、理系学生との接点を持ちたい企業の双方の課題を解決し、理系人材の最適配置の実現を目的としている。

関連リンク

記事の全文を見る⇒(IT人材ラボ)

「本気でプログラミング・スキルを習得させること」を追求した“Webスキルのパーソナルジム”【WebCamp】
プログラミング学習において、「継続」は大事な要素の一つです。継続さえしていれば必ず…
受かる人は、ひとりで勉強する?資格試験のオンライン学習サービス「資格スクエア」
予備試験や司法書士試験などの難関試験ではゼミや予備校を活用して勉強をする方の割合が…
小学校のプログラミングが必修になるって本当?ヒューマンキッズサイエンス「ロボット教室」
2020年から小学校でプログラミング教育が必修になります。文部科学省は、早期からコンピュータに触れることを通じて…
資格・スクール
HITO-LinkパフォーマンスがOKRの運用定着機能を強化―パーソルプロセス&テクノロジー

 同社では、OKR最大の特徴は「会社のビジョンと個人の目標の方向性を統一できる」ことにあり、そのため …

資格・スクール
ロボット検定2019年度 第2回目実施

中央出版株式会社(名古屋市名東区、代表:前田 哲次)が運営するロボット製作×プログラミング×STEM …

資格・スクール
API連携により「AKASHI」に登録されている従業員情報を「HRBrain」へ同期可能に―HRBrain

 両製品のAPI連携により、手間を掛けることなく、従業員情報を入力・更新できるようになる。例えば「H …