「G検定 2018#1」の結果を発表、1136名が合格―日本ディープラーニング協会

資格・スクール

 G検定は、ディープラーニングを事業に活かすための知識を持っているかを検定する試験で、オンラインで自宅から受験できる。問題形式は、多肢選択式による知識問題。

 今回の「JDLA Deep Learning for GENERAL 2018#1」では、2047名が受験申し込みを行い、1988名が受験した。合格者は1136名で、合格者の輩出率は57.1%となっており、2017年末に実施した第1回の検定と合わせて1959名の合格者が誕生したことになる。

 受験者の年齢層は10代~70代と幅広く、もっとも多かったのは30代~40代で全体の62%を占めている。業種はIT・SE系が全体の56%で最多となり、その他機械・電気・電子系、企画・マーケティング系など幅広い業種からG検定への挑戦が行われた。

年代別の受験者数(左)と業種別の受験者数(出典:プレスリリース)
[画像クリックで拡大表示]

 役職別では、部長以上が全体(学生・その他・未回答を除く)の11%と、幅広い役職の人が受験している。

役職別の受験者数(出典:プレスリリース)
[画像クリックで拡大表示]

 このほか、受験者の61%がE資格(エンジニア資格)への受験意欲があることもわかった。

 なお、次回のG検定は……(中略)…… 験意欲があることもわかった。

 なお、次回のG検定は11月24日の実施を予定している。

関連リンク

記事の全文を見る⇒(IT人材ラボ)

「本気でプログラミング・スキルを習得させること」を追求した“Webスキルのパーソナルジム”【WebCamp】
プログラミング学習において、「継続」は大事な要素の一つです。継続さえしていれば必ず…
受かる人は、ひとりで勉強する?資格試験のオンライン学習サービス「資格スクエア」
予備試験や司法書士試験などの難関試験ではゼミや予備校を活用して勉強をする方の割合が…
小学校のプログラミングが必修になるって本当?ヒューマンキッズサイエンス「ロボット教室」
2020年から小学校でプログラミング教育が必修になります。文部科学省は、早期からコンピュータに触れることを通じて…
資格・スクール
LEGO(R)を使った国際的ロボット競技大会、開催迫る

中央出版株式会社(名古屋市名東区、代表:前田 哲次)運営するロボット製作×プログラミング×STEM教 …

資格・スクール
ポイントはおもてなし?! なぜ“メスライオン”は欲しいと思うエンジニアを次々に採用できるのか――ネオキャリア 宇田川奈津紀氏

社内エンジニアとの信頼関係がベースになる  今はとにかくエンジニア採用が …

資格・スクール
マネジャーの「育てる力」をいかに育てるか――知るべき2つのポイントと力がつくワークショップの手順

マネジャーの役目は「人を育てる」こと  マネジャーの仕事にはいろいろなも …