「E資格(エンジニア資格)2019 #2」の結果と試験シラバスの変更を発表―日本ディープラーニング協会

資格・スクール

 E資格 2019 #2の受験者数は670名。そのうち合格者は前回試験の倍近くとなる453名で、過去2回と併せてE資格の累計合格者数は932名となった。各科目の平均得点率は、応用数学72.04%、機械学習58.89%、深層学習59.69%だったという。役職別の受験者数では一般社員級が過半数を占め、年代別の受験者数では20~30代が35%前後で並び、40代も約24%と比較的多かった。

 また、次回2020年2月22日に開催するE資格より、シラバスが改訂となる。同協会では1~2年に1回シラバスを改訂しており、今回はIoTの急速な普及とともにディープラーニング技術の適用事例が拡大する中、分散処理やエッジコンピューティングに関する知識も必要になってきていることから、「軽量化・高速化技術」の項目を新たに追加するなどの改訂を行う。

 新しいシラバスは同協会のWebサイトで確認できる。

E資格 2019 #2に関するデータ 関連リンク

記事の全文を見る⇒(IT人材ラボ)

……(中略)…… ">Webサイトで確認できる。

E資格 2019 #2に関するデータ 関連リンク

記事の全文を見る⇒(IT人材ラボ)

「本気でプログラミング・スキルを習得させること」を追求した“Webスキルのパーソナルジム”【WebCamp】
プログラミング学習において、「継続」は大事な要素の一つです。継続さえしていれば必ず…
受かる人は、ひとりで勉強する?資格試験のオンライン学習サービス「資格スクエア」
予備試験や司法書士試験などの難関試験ではゼミや予備校を活用して勉強をする方の割合が…
小学校のプログラミングが必修になるって本当?ヒューマンキッズサイエンス「ロボット教室」
2020年から小学校でプログラミング教育が必修になります。文部科学省は、早期からコンピュータに触れることを通じて…
資格・スクール
【 秋のおでかけイベント開催 】

中央出版株式会社(名古屋市名東区、代表:前田 哲次)が運営するロボット製作×プログラミング×STEM …

資格・スクール
採用マーケティングツール「HITO-Link CRM」を発表、初心者でも転職潜在層へアプローチできるよう支援―パーソルプロセス&テクノロジー

 採用マーケティングとは、自社の戦略に基づいた「採用ターゲットとなる人材」にとって魅力となる自社の情 …

資格・スクール
オンライン完結型インターン“MISSION”を公開、開発課題をクリアしたエンジニアにアプローチできる―TechBowl

 「TechTrain」は、現役社会人ITプロエンジニアがメンターとして指導してくれる点が特徴のエン …