「DevOps Tools Engineer」認定試験の日本語版をリリース―LPI日本支部

資格・スクール

 LPIのDevOps Tools Engineer認定試験では、管理者や開発者が持つ自動化、継続的デリバリー、Linuxシステムのデプロイおよび構成に関する知識を確認できる。認定は、ソフトウェアの開発または提供に技術的に関与している専門家向けに調整されている。

 DevOps Tools Engineer試験を受験するための前提条件認定はない。ただし、システム管理またはソフトウェア開発の分野で一定の経歴や認定を持つことを強く勧めるという。認定資格を取得するには、「701:DevOps Tools エンジニア」試験に合格する必要がある。試験範囲など同試験の詳細は、LPIのこちらのページで確認できる。受験価格は1万5000円(税別)。

 なお、LPI日本支部コミュニケーション・ディレクターの伊藤健二氏は、本試験について、「DevOpsエンジニアは日本で人気のあるキャリアの選択肢の1つになりつつあります。日本語の試験を提供することで、日本のITの開発、およびDevOpsエンジニアを増やすことに貢献できることを嬉しく思います。インフラストラクチャエンジニアで既存のLPIC認定を持っている方や既存開発エンジニアの新たな課題としても受け入れられると考えています」と語っている。

関連リンク

記事の全文を見る⇒(IT人材ラボ……(中略)…… 定を持っている方や既存開発エンジニアの新たな課題としても受け入れられると考えています」と語っている。

関連リンク

記事の全文を見る⇒(IT人材ラボ)

「本気でプログラミング・スキルを習得させること」を追求した“Webスキルのパーソナルジム”【WebCamp】
プログラミング学習において、「継続」は大事な要素の一つです。継続さえしていれば必ず…
受かる人は、ひとりで勉強する?資格試験のオンライン学習サービス「資格スクエア」
予備試験や司法書士試験などの難関試験ではゼミや予備校を活用して勉強をする方の割合が…
小学校のプログラミングが必修になるって本当?ヒューマンキッズサイエンス「ロボット教室」
2020年から小学校でプログラミング教育が必修になります。文部科学省は、早期からコンピュータに触れることを通じて…
資格・スクール
西武グループ初のシェアオフィス「エミフィス練馬」練馬駅構内にオープン・記念キャンペーン実施 ~約400m2の広々とした空間・学童保育併設も~

株式会社西武プロパティーズ(本社:東京都豊島区、取締役社長:上野 彰久)は、シェアオフィス事業「em …

資格・スクール
「2020年卒 マイナビ学生就職モニター調査 7月の活動状況」を発表、内々定者が入社する気持ちを高めた施策とは

 同調査は、2019年7月25日~7月31日の期間に、2020年卒業予定の全国大学4年生および大学院 …

資格・スクール
イケアのショッピングバッグで地域活性化!?バンタン学生主催のファッションショー8/25大阪で開催

株式会社バンタン(本部:東京都渋谷区 代表取締役会長:石川広己)が運営するファッション、ヘアメイク、 …