「CMSコアテクノロジー試験」を2019年10月に開始、正しいセキュリティと高速化の知識を問う―PHP技術者認定機構

資格・スクール

 一般社団法人BOSS-CON JAPANは、同法人のPHP技術者認定機構において「CMSコアテクノロジー試験」を2019年10月に開始する。試験問題の作成および教材の執筆を担当するのは、パイプラインの代表取締役である濱田康貴氏と、リトルビッツのファウンダー・CEOである津村彰氏。

 「CMSコアテクノロジー試験」は、CMS(コンテンツマネジメントシステム)の基本からチューニングやカスタマイズ、および正しいセキュリティの知識を問う。CMSを構成する基本的な技術(コアテクノロジー)にフォーカスし、原則として、特定のツールやライブラリに依存しない。同試験を開始する背景には、現在、CMSによるコンテンツやアプリケーションの開発・運用は個人の独学に依拠しており、体系立てて学べる場も学習成果を測る場も少ない状況があるという。

 問題数は40問で試験時間は60分、70%の正答で合格となる。試験会場は全国のオデッセイコミュニケーションズCBTテストセンターで、税別の受験料は1万円(学生と教職員は50%オフ)。

 2019年夏にはベータ試験を実施し、合格者は本認定とする予定。

 なお、試験の出題範囲は現在のところ、下記が示されている。

出題範囲 概念フェーズ CMSは……(中略)…… 手順 バックアップとリストア 関連リンク

記事の全文を見る⇒(IT人材ラボ)

「本気でプログラミング・スキルを習得させること」を追求した“Webスキルのパーソナルジム”【WebCamp】
プログラミング学習において、「継続」は大事な要素の一つです。継続さえしていれば必ず…
受かる人は、ひとりで勉強する?資格試験のオンライン学習サービス「資格スクエア」
予備試験や司法書士試験などの難関試験ではゼミや予備校を活用して勉強をする方の割合が…
小学校のプログラミングが必修になるって本当?ヒューマンキッズサイエンス「ロボット教室」
2020年から小学校でプログラミング教育が必修になります。文部科学省は、早期からコンピュータに触れることを通じて…
資格・スクール
低コストでハイパフォーマンス!スクール管理システムを実際に利用するスイミングスクールの導入事例を初公開

VISH株式会社(本社:愛知県名古屋市、代表取締役:太田 信夫)は、自社が開発・提供する「バスキャッ …

資格・スクール
福島の幼稚園にて大好評!AIプログラミングアプリ『HelloThink!』の実証実験結果を公開

株式会社福島情報処理センター(本社:福島県郡山市、代表取締役社長:小暮 憲一)及び、福島コンピュータ …

資格・スクール
「DMPとは何か」の説明から必要なエンジニア採用をインティメート・マージャーはどう成功させているのか

業務の拡大に追いつくべくエンジニア人材を急ピッチで増員中 ――DMPとい …