「Classi FAN MEETING 2019」、先生たちの「発見・気づき」そして笑顔

学習・教育

8月2日、お茶の水ソラシティカンファレンスセンターで約200名の高校の先生たちが集まって「Classi FAN MEETING 2019」が開催された。

「Classi FAN MEETING 2019」

そのイベントでは開会前から、先生たちのコミュニケーションが始まっていた。この会のために制作された専用の名刺で挨拶を交わす先生たち。6~7人がグループになる各テーブルに1人ずつ配置された、アンバサダー先生とClassi社員が、先生たちの心を和ませる。イベント開始前のやや肩に力の入った緊張感が、会場に一切無く、笑顔に溢れていた。

加藤理啓 代表取締役副社長

そして開会。冒頭挨拶したClassiの加藤理啓代表取締役副社長は「私は先生になりたかったんです」と語り始め、「日本社会は、“課題先進国”といってもよいほど多くの課題を抱えています。今日本が、第4次産業革命のAI、IoT、ビッグデータなどで目指しているSociety5.0は、世界に先駆けて多くの課題を解決する“良い社会”です。そうした社会を支えていく子どもたちには“人間にしか出来ない想像力や創造力”、“AIなどでも使えるという感覚”、そして“多様なチームでのリーダーシップ”が求……(中略)…… Classi

記事の全文を見る⇒(ICT教育ニュース)

「本気でプログラミング・スキルを習得させること」を追求した“Webスキルのパーソナルジム”【WebCamp】
プログラミング学習において、「継続」は大事な要素の一つです。継続さえしていれば必ず…
受かる人は、ひとりで勉強する?資格試験のオンライン学習サービス「資格スクエア」
予備試験や司法書士試験などの難関試験ではゼミや予備校を活用して勉強をする方の割合が…
小学校のプログラミングが必修になるって本当?ヒューマンキッズサイエンス「ロボット教室」
2020年から小学校でプログラミング教育が必修になります。文部科学省は、早期からコンピュータに触れることを通じて…
学習・教育
いじめ、過去最多54万3,933件…8割近くが小学校

 文部科学省は2019年10月17日、「2018年度児童生徒の問題行動・不登校等生徒指導上の諸課題に …

学習・教育
「第16回 日本e-Learning大賞」、グランプリと4省大臣賞を発表

eラーニングアワードフォーラム運営事務局は17日、eラーニングを活用したコンテンツ・サービス・ソリュ …

学習・教育
トビタテ!留学JAPAN、第12期に1,100人応募

 文部科学省は2019年10月17日、官民協働海外留学支援制度~トビタテ!留学JAPAN日本代表プロ …