「Classi」活用する全国170校の生徒2万人の学習記録データを分析

学習・教育

Classiは5日、学習⽀援プラットフォーム「Classi」を活用する全国の高校169校の生徒2万851人の学習記録データを分析し、成績向上につながる効果的な指導方法や学習方法について検証した結果をまとめ発表した。

それによると、「Classi」の「WEBドリル」や「学習動画」を多く活用している学校ほど、成績が向上する傾向が見られた。

今回の検証で、デジタル学習コンテンツの利用と偏差値の変化に正の相関が見られたことから、成績向上には一定の学習量が必要ということが、改めて裏付けられた。

次に、「Classi」の「メッセージ機能」を活用し、先生と生徒がコミュニケーションを多く取っている学校ほど、成績が向上する傾向が見られたという。

また、先生から生徒へのメッセージの送信回数が多い学校ほど、「WEBドリル」や「学習動画」の利用率が高いことも判明。この結果から、先生から生徒への働きかけには、学習促進の効果があることが分かった。

「Classi」の「学習記録機能」を活用し、生徒が学習進捗の記録を多く行う学校ほど、偏差値の上昇幅が大きいという傾向が見られた。また、先生からのフィードバックを多く行う学校ほど、成績が向上する傾向もあった。

「学習記録」について分析すると、生徒の記録に対して、先生が一方的にフィ……(中略)…… >Classi

記事の全文を見る⇒(ICT教育ニュース)

「本気でプログラミング・スキルを習得させること」を追求した“Webスキルのパーソナルジム”【WebCamp】
プログラミング学習において、「継続」は大事な要素の一つです。継続さえしていれば必ず…
受かる人は、ひとりで勉強する?資格試験のオンライン学習サービス「資格スクエア」
予備試験や司法書士試験などの難関試験ではゼミや予備校を活用して勉強をする方の割合が…
小学校のプログラミングが必修になるって本当?ヒューマンキッズサイエンス「ロボット教室」
2020年から小学校でプログラミング教育が必修になります。文部科学省は、早期からコンピュータに触れることを通じて…
学習・教育
【大学受験2019】杏林大医学部で出題ミス、2名を追加合格に

 杏林大学は2019年2月14日、同月1日に実施した2019年度(平成31年度)医学部医学科一般入学 …

学習・教育
約6割が「AIによる暮らしの利便性向上」を期待、ジャストシステムFastask調べ

ジャストシステムは14日、同社の情報サイト「Marketing Research Camp(マーケテ …

学習・教育
都内公立校の働き方改革、学校サポートの新財団を設立

 東京都教育委員会は2019年2月14日、「学校における働き方改革の成果と今後の展開」をWebサイト …