「髪の毛と 勉強時間 伸びていく」 – “赤本”出版社が受験川柳の受賞作発表

学習・教育

「大学入試シリーズ」(通称"赤本")の出版社である世界思想社教学社は1月23日、第3回「受験川柳」の審査結果を発表した。今回は現役受験生、かつての受験生、受験生の家族など、様々な立場の人から、2,358句の作品が寄せられ、7作品が受賞した。

第4回も募集中

優秀賞に選ばれたのは「髪の毛と 勉強時間 のびていく」(た作)。作者は「髪の毛を切りに行くのすらもったいなくなって、勉強する時間も一緒に長くなっている自分」とコメントしている。

高校生特別賞は「E判定 逆転サヨナラ 下剋上」(ミニハルク作)。作者からは「E判定なんかくそくらえ! 人生は『一発逆転満塁サヨナラ大ホームラン』の連続だから面白いんだ」とのコメントが寄せられた。

佳作は次の4句。「がんばった 証の赤本 今もある」(マイコ作)、「コンビニが 塾と我が家の 中継地」(さごじょう作)、「英単語 トイレで先に 父覚え」(ねこねこぱんだ作)、「『君の名は』 あると信じる 掲示板」(ロックンビート777作)、「紅白の 合間に開く 単語帳」(moguchimo作)。

同社は引き続き、第4回「受験川柳」を募集中。作品は特設サイトの投稿フォーム、または郵送・メールにて受け付けている。応募資格は不問。応募期限は2018年9月14日。

記事の全文……(中略)…… は郵送・メールにて受け付けている。応募資格は不問。応募期限は2018年9月14日。

記事の全文を見る⇒(マイナビニュース)

「本気でプログラミング・スキルを習得させること」を追求した“Webスキルのパーソナルジム”【WebCamp】
プログラミング学習において、「継続」は大事な要素の一つです。継続さえしていれば必ず…
受かる人は、ひとりで勉強する?資格試験のオンライン学習サービス「資格スクエア」
予備試験や司法書士試験などの難関試験ではゼミや予備校を活用して勉強をする方の割合が…
小学校のプログラミングが必修になるって本当?ヒューマンキッズサイエンス「ロボット教室」
2020年から小学校でプログラミング教育が必修になります。文部科学省は、早期からコンピュータに触れることを通じて…
学習・教育
中学受験で理社の成績が伸びる子の共通点とは

<!– –> 中学受験で理社の成績が伸びる子の共通点とは 高校受 …

学習・教育
学生国際ロボコン…ARC部門で日本が銀メダル、4チーム入賞

 学生国際ロボットコンテスト「WRO2019ハンガリー国際大会」のARC部門で、チーム「KAIT S …

学習・教育
AI視覚支援デバイス「OrCam MyReader」豊島区の図書館で試験導入

OrCam Technologiesは11日、同社のAI搭載ウェアラブル視覚支援デバイス「OrCam …