「部下を燃え尽き症候群にしないために上司が気を付けるべき6つのポイント」を発表―ヘイズ

資格・スクール

 「部下を燃え尽き症候群にしないために上司が気を付けるべき6つのポイント」は、世界保健機関(WHO)が先ごろ、燃え尽き症候群(バーンアウト)を正式な医学的診断名として認定したことを受けて発表したもの。WHOのハンドブックでは、燃え尽き症候群(バーンアウト)の症状として、仕事に対してやる気が出ず疲労感を感じる、仕事に対して精神的距離感を感じるようになる、仕事に関して消極的または悲観的になる、仕事で十分に能力を発揮できなくなるなどが挙げられているという。

 ヘイズは、従業員が健全かつバランスの取れた形でより前向きに仕事ができるよう、経営者や管理職が取り組む必要があるとし、次の6項目を示している。

管理職から部下へのメールは勤務時間内に 労働時間ではなく、仕事の質を評価 批判的にならない 部下に休みを取るように促す 長時間労働が習慣化した部下が生み出す余計な作業をチームに浸透させない 良い手本となる

 ヘイズの発表では、上記6項目の内容や、仕事中毒になる従業員の兆候や潜在的要員などを知ることができる。

関連リ……(中略)…… 発表では、上記6項目の内容や、仕事中毒になる従業員の兆候や潜在的要員などを知ることができる。

関連リンク

記事の全文を見る⇒(IT人材ラボ)

「本気でプログラミング・スキルを習得させること」を追求した“Webスキルのパーソナルジム”【WebCamp】
プログラミング学習において、「継続」は大事な要素の一つです。継続さえしていれば必ず…
受かる人は、ひとりで勉強する?資格試験のオンライン学習サービス「資格スクエア」
予備試験や司法書士試験などの難関試験ではゼミや予備校を活用して勉強をする方の割合が…
小学校のプログラミングが必修になるって本当?ヒューマンキッズサイエンス「ロボット教室」
2020年から小学校でプログラミング教育が必修になります。文部科学省は、早期からコンピュータに触れることを通じて…
資格・スクール
『接客ブートキャンプ+plus』研修をスタート1日9時間で完成された接客力や対人対応力を身に付ける

企業やセミナースクールでビジネスマナーや接客接遇マナーの研修を行っているFINEST株式会社(所在地 …

資格・スクール
Forkwellに求人企業がエンジニア候補者にプロフィールの追加をリクエストできる機能を提供―grooves

 「もっと知りたい!機能」を追加した背景として、同社はForkwellに登録しているプロフィール情報 …