「就職白書2019」発行、新卒採用を実施している企業と19卒の大学4年生・大学院2年生を対象に調査―リクルートキャリア

資格・スクール

 2019年卒の採用数の計画に対する充足企業は、2018年卒と同水準の47.0%で、2019年卒の新卒採用における課題は「採用に係るマンパワー」(76.4%)がもっとも多く、2018年卒と比較して新卒採用に「費やす総時間」「係る人数」「費やす総費用」は、いずれも増加している。

2019年卒の新卒採用における課題(全体/複数回答)[出典:就職白書2019]

 なお、2018年度(予定も含む)のインターン実施率は95.9%で、2017年度と比較して11.3ポイントの増加となった。

 2020年卒の採用活動プロセスごとの開始時期としては、「面接」の割合がもっとも高いのは「4月」(33.1%)で、「3月」(28.2%)がそれに続く。「内々定・内定出し」の割合は「6月」(27.8%)が最多で、次いで「4月」(24.4%)となっている。

 2020年卒の採用数が満たなかった場合の対応予定としては、「採用数を満たすために基準を見直し、柔軟に対応する」(16.0%)が経年で増加傾向であり、2020年卒の採用において実施予定の方法・形態では「大学・大学院卒業後3年以内の既卒者の採用」(40.5%)が、2019年卒よりも増加した。

 一方、学生の入社予定先企業・組織等への「満足」は83.0%と、経年で8割を維持しているものの、「納得」は低下……(中略)…… 十分した」と回答する割合が高く、また「インターンシップへの参加率」が高いという傾向が明らかになった。

関連リンク

記事の全文を見る⇒(IT人材ラボ)

「本気でプログラミング・スキルを習得させること」を追求した“Webスキルのパーソナルジム”【WebCamp】
プログラミング学習において、「継続」は大事な要素の一つです。継続さえしていれば必ず…
受かる人は、ひとりで勉強する?資格試験のオンライン学習サービス「資格スクエア」
予備試験や司法書士試験などの難関試験ではゼミや予備校を活用して勉強をする方の割合が…
小学校のプログラミングが必修になるって本当?ヒューマンキッズサイエンス「ロボット教室」
2020年から小学校でプログラミング教育が必修になります。文部科学省は、早期からコンピュータに触れることを通じて…
資格・スクール
オンライン完結型インターン“MISSION”を公開、開発課題をクリアしたエンジニアにアプローチできる―TechBowl

 「TechTrain」は、現役社会人ITプロエンジニアがメンターとして指導してくれる点が特徴のエン …

資格・スクール
スタートアップ初期にリファラル採用の文化を醸成し活動を支援するサービス「Refcome Teams」のβ版を提供開始―リフカム

 エンジニアやデータサイエンティストの採用競争が激化し、優秀層が転職市場に出てこない中、スタートアッ …

資格・スクール
英会話を学びたい約7割の人がオンライン英会話を使ってみたいと回答!

英語学習情報メディア「エイカツ」を運営する株式会社ブレアパッチ(本社:大阪府大阪市中央区、代表取締役 …