「全国高等学校総合文化祭」2022年に初の東京大会、中高生よりテーマ募集

学習・教育
 文化部のインターハイともいわれる「第46回全国高等学校総合文化祭」が、2022年夏に東京都で初めて開催される。東京都教育委員会は、この大会を盛り上げていくための「大会テーマ」を、全国の中学生・高校生より募集する。応募期間は2018年10月22日から12月7日まで。

 「全国高等学校総合文化祭」は、高校生が主体となって創り上げる芸術文化活動の祭典。全国各地や海外から約2万人の高校生が集い、総合開会式やパレードなどの開会行事をはじめ、「演劇、合唱、吹奏楽、器楽・管弦楽、日本音楽、吟詠剣詩舞、郷土芸能、マーチングバンド・バトントワリング、美術・工芸、書道、写真、放送、囲碁、将棋、弁論、小倉百人一首かるた、新聞、文芸、自然科学」の19部門と協賛部門で、発表・展示・競技・交流などを行う。第46回大会は2022年夏に初めて東京都を会場として開催される。

 今回募集するのは、「東京大会基本方針」を踏まえ、東京のイメージ(自然・地理・歴史・文化など)を親しみやすく簡潔な言葉で表現した大会テーマ。基本方針のキーワードは「集う光」「創る光」「繋げる光」。江戸期に成熟した独特の感性や高い文化水準、「粋」の精神が織りなす東京に、全国や世界に点在する秘めた光(ひとりひとりの高校生)が集い、この大会を通して、伝統に学び、新たな芸術文化を創り、東京から全国や世界に向けて輝きを放ち、人々を繋げて……(中略)…… 学校ごとの場合は取りまとめて担当宛に郵送。応募期間:2018年10月22日(月)~12月7日(金) ※必着

記事の全文を見る⇒(リセマム)

「本気でプログラミング・スキルを習得させること」を追求した“Webスキルのパーソナルジム”【WebCamp】
プログラミング学習において、「継続」は大事な要素の一つです。継続さえしていれば必ず…
受かる人は、ひとりで勉強する?資格試験のオンライン学習サービス「資格スクエア」
予備試験や司法書士試験などの難関試験ではゼミや予備校を活用して勉強をする方の割合が…
小学校のプログラミングが必修になるって本当?ヒューマンキッズサイエンス「ロボット教室」
2020年から小学校でプログラミング教育が必修になります。文部科学省は、早期からコンピュータに触れることを通じて…
学習・教育
TechAcademyジュニア、奨学生募集…アプリ開発に挑戦

 子ども向けプログラミング教室「TechAcademyジュニア」を運営するキラメックスは2019年1 …

学習・教育
ドリーム・アーツ、立命館大学が取り組む5万人の業務基盤高度化の事例をWebに公開

ドリーム・アーツは11日、立命館大学が取り組む5万人の業務基盤高度化の導入事例をWebに公開した。 …

学習・教育
世界2位の芸術市場イギリスへのアート留学を知るワークショップ開催、10/22

 留学サポートのbeoは、2019年10月22日にイギリスを代表するアートスクールであるロンドン芸術 …