「仕事の世界におけるハラスメントに関する実態調査2019」結果発表、38%が「職場でハラスメントを受けたことがある」―日本労働組合総連合会

資格・スクール

 「仕事の世界におけるハラスメントに関する実態調査2019」は、全国の20歳~59歳の有職男女(起業した人や経営者、自営業者などを除く)1000名を対象に、5月8日~9日に実施された。

 調査対象者に、職場でハラスメントを受けたことがあるかを尋ねたところ、37.5%がハラスメントを受けたことがあると回答した。

 職場でハラスメントを受けたことがある人(375名)に対して、どのような行為を受けたかを尋ねた質問では、「脅迫・名誉棄損・侮辱・ひどい暴言などの精神的な攻撃」が41.1%、「業務上明らかに不要なことや遂行不可能なことの強制、仕事の妨害などの過大な要求」が25.9%、「私的なことに過度に立ち入ることなどの個の侵害」が22.7%となっている。また、「セクシュアル・ハラスメント」は26.7%だった。

 男女別では、「暴行・傷害などの身体的な攻撃」が男性17.0%、女性5.0%、「業務上明らかに不要なことや遂行不可能なことの強制、仕事の妨害などの過大な要求」が男性30.7%、女性21.6%、「私的なことに過度に立ち入ることなどの個の侵害」が男性18.2%、女性26.6%、「セクシュアル・ハラスメント」が男性14.2%、女性37.7%となっている。

 行為者ごとに各ハラスメントの発生割合としては、上司からのハラスメントでは……(中略)…… 間休んだ」「就職活動を長期間休んだ」「人と会うのが怖くなった」(いずれも13.6%)がそれに続いた。

関連リンク

記事の全文を見る⇒(IT人材ラボ)

「本気でプログラミング・スキルを習得させること」を追求した“Webスキルのパーソナルジム”【WebCamp】
プログラミング学習において、「継続」は大事な要素の一つです。継続さえしていれば必ず…
受かる人は、ひとりで勉強する?資格試験のオンライン学習サービス「資格スクエア」
予備試験や司法書士試験などの難関試験ではゼミや予備校を活用して勉強をする方の割合が…
小学校のプログラミングが必修になるって本当?ヒューマンキッズサイエンス「ロボット教室」
2020年から小学校でプログラミング教育が必修になります。文部科学省は、早期からコンピュータに触れることを通じて…
資格・スクール
実践的なプログラミングスキルを可視化する「アルゴリズム実技検定」を開始、12月14日に第1回試験―AtCoder

 企業は高いプログラミングスキルを持つ高度IT人材の確保に乗り出しているが、プログラミングスキルを把 …

資格・スクール
漢検一級と準一級の違いを問題を例に解説!レベル、難易度の差は?

<!– –> <目次> 漢検一級と漢検準一級では試験難易度が違う …

資格・スクール
不確実性の時代のリーダーが持つべきは「聞く耳」、そのスキル・マインドを育成するための鍵やトレーニングとは

理想のリーダー像はみんなをまとめてシンクロさせる指揮者 ――これからのリ …