「タイムマネジメントに関する意識調査」発表、8割のビジネスパーソンが「無駄な仕事」に追われている―チームスピリット

資格・スクール

 「タイムマネジメントに関する意識調査」は、20代~50代の男女・各516名、計1032名(うち管理職は516名、一般社員は516名)を対象に、2018年12月19日~22日の期間に実施されている。

 調査対象者のうち、普段の仕事で「無駄な作業がある」と感じている人は78.0%で、「業務報告書/日報週報作成」「稟議・申請」「勤務登録」「経費精算」「工数計算」の作業を労務管理とすると、労務管理の作業のいずれかを無駄だと思っている人は66.0%(681名)に達している。

 「無駄だと感じる作業」は、週に16時間、月に換算すれば66時間以上となり、1日の労働時間を7時間とすれば月の半分の時間が「無駄だと感じる作業」に充てられていることがわかった。

 そのうち、労務管理の作業にかかっている時間を合計すると、1日あたり約2時間(121分)、週に10時間、月換算で40時間が労務管理に充てられており、労働時間全体の60.9%を占めている。

 自身の仕事を「創造的に」取り組みたいと思うかを尋ねた質問では、「そう思う」(46.7%)と「ややそう思う」(44.0%)の合計が90.7%となり、9割以上が「仕事に創造的に取り組みたい」と考えていることが明らかになった。一方で、「創造的に仕事に取り組みたい」人のうち実際に「創造的に仕事に取り組め……(中略)…… 」(46.9%)の合計が64.6%と、「創造的に仕事をしたい」人と比較して23.6ポイント低かった。

関連リンク

記事の全文を見る⇒(IT人材ラボ)

「本気でプログラミング・スキルを習得させること」を追求した“Webスキルのパーソナルジム”【WebCamp】
プログラミング学習において、「継続」は大事な要素の一つです。継続さえしていれば必ず…
受かる人は、ひとりで勉強する?資格試験のオンライン学習サービス「資格スクエア」
予備試験や司法書士試験などの難関試験ではゼミや予備校を活用して勉強をする方の割合が…
小学校のプログラミングが必修になるって本当?ヒューマンキッズサイエンス「ロボット教室」
2020年から小学校でプログラミング教育が必修になります。文部科学省は、早期からコンピュータに触れることを通じて…
資格・スクール
パリで生まれた無料のエンジニア養成機関の東京校「42 Tokyo」を開校、予算は5年間で50億円―DMM.com

 「42」は、フランスの事業家ザヴィエ・ニエル氏が個人資産を投じて開いた学校。フランスの教育や雇用の …

資格・スクール
現場のエンジニア、マネージャーをスキル向上から生き方・働き方までサポートするキャリアコンサルタントの仕事

キャリア相談は健康診断を受けに行く感覚で ――まずは島村さんの日ごろのお …

資格・スクール
2019年10月の「doda 転職求人倍率レポート」発表、技術系(IT・通信)の求人はやや落ち着く―パーソルキャリア

 2019年10月の転職求人倍率は、前月比0.17ポイント減の2.52倍で、求人数は前月比100.6 …