「お話の記憶が苦手」を克服するには

学習・教育
<!----> お話の記憶とは

お話の記憶が苦手にならないために

小学校入試問題の定番に話の記憶がある  小学校入試問題の定番として「話の記憶」があります。テープや口頭で先生の話を聞いて、その内容について質問されるものです。話の長さは学校によって異なり、短いものから絵本1冊分に相当する長いものまであるのです。

 実例を挙げてみます。次の文を読んで下さい。

「森の動物たちがかけっこをするのであつまってきました。はじめにウサギさんがやってきました。2番目にゾウさんがきました。そのつぎにネズミさんがきました。最後にライオンさんがやってきて、「キツネさんとパンダさんはお腹をこわしてお家で寝ている」と言いました。

ブタさんが「ようい、どん!」と合図をすると残りの動物たちが走り出し、ウサギさん、ライオンさん、ゾウさんの順にゴールしました。ウサギさんが「ぼくライオンさんに勝てるとは思わなかったよ」と言ったので、みんなが笑いました」

上の文を耳から聞いて質問に答えるわけです。例えばこんな問題です。

■絵を見てかけっこで走らなかった動物に○をつけましょう
■絵を見てかけっこで2番目にゴールした動物に△をつけましょう。

幼児は字が書けな……(中略)…… なるはずです。

【関連記事】

記事の全文を見る⇒(All About)

「本気でプログラミング・スキルを習得させること」を追求した“Webスキルのパーソナルジム”【WebCamp】
プログラミング学習において、「継続」は大事な要素の一つです。継続さえしていれば必ず…
受かる人は、ひとりで勉強する?資格試験のオンライン学習サービス「資格スクエア」
予備試験や司法書士試験などの難関試験ではゼミや予備校を活用して勉強をする方の割合が…
小学校のプログラミングが必修になるって本当?ヒューマンキッズサイエンス「ロボット教室」
2020年から小学校でプログラミング教育が必修になります。文部科学省は、早期からコンピュータに触れることを通じて…
学習・教育
【本のプレゼント】ディズニー はじめてよむ プログラミングの本

KADOKAWAの提供で、プログラミング知育本『ディズニー はじめてよむ プログラミングの本』を、読 …

学習・教育
システムフォレスト、「農大・農高連携によるスマート農業実証」業務を受注

システムフォレストは12日、「農大・農高連携によるスマート農業実証」の業務を7月25日に受注したと発 …

学習・教育
高校生の就活、60%が「自分に合った会社が見つかるか」不安 =ジンジブ調べ =

高校生の就職支援と採用支援を行うジンジブは12日、合同企業説明会「ジョブドラフトFes」に来た高校生 …